タグ別アーカイブ: AAC

スマホアプリ「Audio Memos」で簡単にポッドキャスト収録! ~PODCAST配信講座~

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

どうも。春眠亭あくびです。

勝手に好評だと思っている、ポッドキャスト配信講座です。

前の記事はこちら。
記事もポッドキャストも、wordpressならスマホでサクッと更新だ! ~PODCAST配信講座~

さて、前回はスマホでのポッドキャストの更新方法を説明しました。今回はスマホでのポッドキャスト収録方法をご説明します。

ICレコーダーやパソコンでの収録は大変危険です

ポッドキャスト収録方法として主流なのはICレコーダーでの収録です。

SX77

昔は僕らもICレコーダーで収録してました。

ですが!
このICレコーダーの収録は大変危険です。

どう危険なのか。
それは、収録したっきり1年間放置という事態になりやすいからです。

そう。人間はすぐ「めんどうくさい病」にかかってしまうのです!
僕が特に重症なだけですが。

ICレコーダーで収録した音声データは通常、ICレコーダー本体、もしくはSDカードなどの外部メディアに記録されます。
ポッドキャストとして配信するには、これらの音声データを一度パソコンに取り込んで、サーバーにアップロードしなければなりません。

これがクセモノなのです。

パソコンを開いて、ICレコーダーを接続して、取り込んで、FTPソフトを立ち上げてアップロードするという、この何でもない一連の作業が、慣れてくると大変めんどうくさいのです!

もうなんか、生きてることがめんどうくさいのです!

生まれてすいませんなのです!

200px-Dazai_Osamu

最強のポッドキャスト収録アプリ「Audio Memos」

そんなスリーデイズプリースト(三日坊主)の皆さんにオススメしたいのが、スマホアプリAudioMemosです!

unnamed

iphone版android版も両方あります!

有料アプリで、追加機能も有料なので、僕がおすすめする構成にするには全部で確か800円ほどかかります。
ですが、それだけの価値は充分ありますし、機能を考えると800円とかちょー安いです、マイク買っても1000円くらいしますし、スマホ持っててポッドキャストやるならこのアプリで十分すぎるかと思います。

ではなぜ最強なのか。
それは、音声圧縮機能サーバアップ機能の2つを兼ね備えているからです。

実はこれらの機能のどちらかを持っているレコーダーアプリはいくつもあるのですが、2つの機能を両方兼ね備えているアプリは、僕が探した限りAudioMemosだけです。

いや、それはウソかも。でもメジャーなのは間違いなくAudioMemosです。

だから、AudioMemosがポッドキャストにおいては最強のアプリなのです!

AudioMemosを使いこなそう!

さて、ここまではラッセン並にAudioMemosを推薦しました。

6a0120a63ed13e970b0133f205bba8970b-500pi

1日コーヒー1杯分の値段で豊かさを買えるなら安いものだと力説しました。

Leap_of_Faith

しかしながら、ラッセンは部屋に飾っておしまいなのに対し、AudioMemosはその使い方を知らなければ豊かさを享受することができません。

そこでここからはAudioMemosの使い方をレクチャーしていきます。

全4工程に分けて説明します。

1.AudioMemos及び追加機能を購入しよう
2.各種設定をしよう
3.ポッドキャストの収録をしよう
4.音声ファイルをサーバーにアップロードしよう

1.AudioMemos及び追加機能を購入しよう

さて、まずはAudioMemosを購入しましょう。
特に追加機能の購入の仕方がわかりにくいので、その辺を重点的に。

僕はおされさんなのでIphoneを使っています。
なので画像はIphone版のものです。
たぶんandroidもそう大きくは変わらないと思うので、参考にしてみてください。

まずは、Appstoreを立ち上げて、「AudioMemos」で検索し、アプリを購入してインストールしてみてください。
無料お試し版もあるみたいなので、使い勝手を見てみる分にはいいでしょう。
ただし、無料版では、ポッドキャストの配信に必要な機能をすべては兼ね備えていません。
有料版を買いましょう。

IMG_1922

アプリを開くと下のような画面がでてきます。で、下図赤枠「i」ボタンをタップしてください。

IMG_1892_1

インフォメーション画面がでるので、下図赤枠「ブラウズしてエクステンション」を選択します。

IMG_1897

これで、追加機能購入画面に遷移します。
初めてだとわからないですよね。こんなの。
で、購入必須の追加機能は「圧縮」「送信」です。
下図を参考に購入してください。

圧縮:音声ファイルをAACファイルという軽い形式に圧縮してくれます。これがないとWAV形式というクソ重いファイルになってしまい、ダウンロードに時間がかかってしまいます。
送信:サーバーにアップロードできるようになります。サーバーだけでなく、evernoteやdropbpxにも対応している超優れものです。

IMG_1898

その他に、買っておくと便利なのが「Emailで送信」と「トリミング」です。
必須ではないですが、あると便利です。
下図を参考に購入してください。

Emailで送信:文字通り。ただし15MBまで。
トリミング:いらない部分をカットできます。後ろや前を少しカットしたい時に便利です。ただ、カットできる範囲が大味で、0.5秒とかのレベルではカットできません。どうしても気になるようなら諦めてパソコンで編集しましょう。

IMG_1899

2.各種設定をしよう

次に、使いやすいように設定をしていきます。
あくまで内容は僕のおすすめの値です。
参考にしていただき、お好みで調整してください。

設定ページを開くには、下図赤枠のように、左下の歯車ボタンを押します。

IMG_1892_2

重要そうなところだけ書きます。

音量提弁:録音音量を設定する項目です。結構音が割れるので、一番低い値でよいかと思います。
録音中にバイブレーションする:OFFにしておきましょう。録音中、メールが来てブルブルしたら、それがポッドキャストにも入ってしまいます。
他のアプリからレコードの音:ONにします。音楽入れたい時などに重宝します。
名前:予め決めたルールで命名してくれます。「$y$m$d」で20140304などの日付になります。また、$nで連番を振ってくれます。その他にもいろいろあるみたいなので、興味ある人はインフォメーションのヘルプを見てみてください。英語だけど。
ステレオ:OFFをおすすめします。つまり、モノラルです。複数人で収録する際に、ステレオにすると席の配置によって左だけからしか声が聞こえない人とかが出てきてしまい、大変聞きにくいからです。
クオリティ:最大にするのをおすすめします。最大にしても、圧縮してればそこまで大きな容量にはなりません。クオリティを低くすると、明らかにノイズが入ってしまうので、あまりよろしくないです。
自動圧縮:ONにしましょう。これにより、WAV⇒AACの圧縮を自動でやってくれます。ポッドキャストのファイル形式はmp3かAACでの公開が主流です。
自動送信:OFFがいいです。自動でサーバーにアップしてくれる、一見便利そうな機能ですが、収録に失敗した音源もアップしてしまうので、アップは手動がいいでしょう。

その他は僕の設定画面を載せておくので、参考にしてみてください。

IMG_1893

IMG_1894

IMG_1895

IMG_1896

3.ポッドキャストの収録をしよう

準備お疲れ様でした!

いよいよ収録です。でも、収録はすげー簡単です。

下図赤枠録音ボタンを押します。

IMG_1892_3

録音が終わったら、下図赤枠の、一時停止ボタンを押します。

IMG_1924

録音し忘れたことがなければ、下図赤枠「完了」を押します。
し忘れがあれば、再度録音ボタンを押して録音しましょう。

IMG_1926

以上!これだけ!ちょー簡単!

ついでに、BGMをかける方法も教えます。以下の通りです。

1)AudioMemosで録音開始
2)即座に音楽アプリ(なんでもよい)で再生開始
3)音楽アプリでBGM停止
4)AudioMemosで録音停止

簡単でしょ?
2)の時、下記画像のような画面になります。
上の方でAudioMemosって表示されてる間は、バックグラウンドで録音が走っているということです。

IMG_1925

4.音声ファイルをサーバーにアップロードしよう

さて、最後に収録した音声ファイルをサーバーにアップしましょう。

まず、収録した音声ファイルの右側にある「i」ボタンを押しましょう。下図赤枠を参照。

IMG_1927

編集画面に遷移しますので、下図赤枠、左下の「送信」ボタンを押します。

IMG_1901

送信用画面に遷移します。一番最初は送信先を登録するところから始めます。下図赤枠、右上の「編集」ボタンをクリックします。

IMG_1903

下図赤枠「サーバーを追加する」を選択します。

IMG_1904

下図赤枠「タイプ」を選択します。

IMG_1905

そうすると、送信先のタイプを選択する画面に遷移します。サーバーなので、FTPもしくはWebdavを選択しましょう。evenoteやdropboxのアカウントを持っている人は、登録してもよいでしょう。僕はバックアップ目的でevernoteも登録しています。

IMG_1906

いろいろ入力する画面になります。契約しているサーバー情報を入力しましょう。

IMG_1907

無事送信先を登録したら、以下のように送信先が表示されるので、ボタンを押すだけです。

IMG_1903_2

注意点。
送信完了のメッセージとかがでないのですが、下図の「i」マークが緑色になっているとどうも送信が完了した証のようです。
サーバーへアップすると通信中の「ぐるぐる」がでるので、それが終わるまでは他のアプリに移動しないようにしましょう。

IMG_1927_3

以上です!お疲れ様でした!

まとめ

・AudioMemosの有料版を購入しよう。合わせて追加機能の「圧縮」と「送信」も購入しよう。

・各種設定方法はこのサイトを参考にして行おう。 ※仕様がころころ変わるアプリなので、あくまで参考に。

次回はitunesの登録方法についてです。

次回は現状ポッドキャストの主戦場であるitunesの登録方法と、合わせてフィードの公開方法なんかを書いてみます。

次回で一応一区切り付くかなと思います。
もう少しだけお付き合いくださいませ。

ではまた。

fefecd97

ポッドキャスト配信講座 リンクまとめ

ポッドキャスト始めるならSEESAAブログかWORDPRESSの二択だ! ~PODCAST配信講座~

ポッドキャストはWORDPRESS × POWERPRESSが最強だ! ~PODCAST配信講座~

記事もポッドキャストも、WORDPRESSならスマホでサクッと更新だ! ~PODCAST配信講座~

スマホアプリ「AUDIO MEMOS」で簡単にポッドキャスト収録! ~PODCAST配信講座~

ITUNESにフィードを公開してポッドキャストを広く聞いてもらおう! ~PODCAST配信講座~

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る