タグ別アーカイブ: 迫稔雄

今週の作者コメント欄はウルトラ充実 作者コメントレビュー第17回

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

カギュー終わっちゃう。
どうも、竹の子ぱおぱおです。

来週は、ねじまきカギューが最終回です。
好きな連載の中の一つだから寂しい気持ちもありますが、挑戦的な展開や演出も多々あった作品ですので、どのような終わり方をするか楽しみです。

それと、モンスガ。
今週号でどのような漫画なのかが見えてきました。
今回のろくろ首のように、妖怪の特徴を生かした武器として憑依(?)した仲間と共に戦うバトルもの。
こういう設定大好きです。

そして、キングダムがお休みで残念。
もう少し話が進んだら、大好きなファルファルおじさんが活躍する展開になりそう。
ただ僕は、今回の戦で武勲を挙げた信が元王騎軍でもあるファルファルおじさんの部下達を率いる事になる。と、予想しています。
もしそうなったらファルファルおじさんは・・・。
ファルファルおじさんが何のことか分からない人は、キングダムの単行本を読んでください。
たぶん、思ってる以上にファルファルしてます。

ファルファル

それでは、今週の作者コメントレビューを始めファル。

週刊ヤングジャンプ2014年27号の作者コメント欄の質問は、

衣替えの季節!(鑑賞目的で)好きな服装・コスプレは何ですか?

でした。

どうやら僕は、『鑑賞目的』という言葉が持つニュアンスのせいなのか、下ネタ方面で考えてしまう体質なようです。
コスプレという単語も、エロをメインに捉えてしまいます。
それはちょっとどうなのかなぁ~と我ながら思う時もありますが、ヤングジャンプ連載作家の面々の中にも、同じような体質の方々がいらっしゃるようです。

大変心強い。

天下のヤンジャンを勝手に味方につけたところでコメントに移ります。

まずは、『バルセロナの太陽』村上よしゆき先生のコメント

裸エプロン!

力強い素晴らしいコメントでした。
「裸エプロン」に感嘆符が付くと、もの凄くテンションが高く見えるという発見もありました。

次は、『横浜線ドッペルゲンガー』玉木ヴァネッサ千尋先生のコメント

裸に葉っぱです!

作者コメントレビューでは殿堂入りする勢いの玉木先生。
未だにどんな人なのか未知の部分は多いですが、僕の中で好感度がさらに上昇しました

次は、『妖怪少女-モンスガ-』ふなつかずき先生のコメント

鑑賞目的!?ミニスカショーパンニーソスク水メイド裸エプロン。

ふなつ先生は毎回長めのコメントをするのが特徴なのですが、今回は単語の弾丸を乱れ撃ちしてきました。
僕的にはスク水が一番破壊力ありました。

次は、『テラフォーマーズ』作/貴家悠先生のコメント

最後まで着てさえいれば、何でも楽しめます。

良くぞ言ってくださいました貴家先生。
完全に同意します。

次は、MVS(Most Valuable 作者コメント)の発表です。
貴家先生のコメントも悩みましたが、この先生です。

『今週のMVS』

『嘘喰い』迫稔雄先生のコメント

ウルトラの母。

ウルトラの母

めちゃくちゃ笑いました。
なんか迫先生は、作者コメントを大喜利のような感じで楽しんでいるフシがあります。

『ハチワンダイバー』柴田ヨクサル先生のコメント
ライダーマン。

『LIAR GAME』甲斐谷忍先生のコメント
ドラえもん。

も、その意味で凄く良かったのですが、ウルトラの母はエロ要素だけで捉えたとしても分かるのでMVSに選びました。
ウルトラの母で性に目覚めた青少年は沢山いると思います。

ウルトラの母2

今週の作者コメント欄はお笑い要素として超充実してました。

それでは、また来週。

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

ハチワンダイバーに出てきた扇子欲しい。 作者コメントレビュー第15回

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

短め。
どうも、竹の子ぱおぱおです。

このブログ(作者コメントレビュー)は、基本的には「のほほ~ん」と力を抜いて読んで頂きたいと思ってます。
柔らか~な気持ちで読んで欲しいのです。
包み込むような優しい気持ちで読んで欲しいのです。
亀頭を優しく包み込むおちんちんの皮のような気持ちで読んで欲しいのです。
これを読んでる皆様には是非ともおちんちんの皮になって欲しい。
そうなると僕は亀頭ということになります。
嫌です。

かめさん

それでは、作者コメントレビューを始めます。

週刊ヤングジャンプ2014年25号の作者コメント欄の質問は、

現連載作を作る上で、最も参考になった「資料」は何ですか?

でした。

まずは、月イチ連載『ZETMAN』桂正和先生のコメント。

インスピレーションを受けたのは『ケインとアベル』。

こういうコメント大好きです。
ケインとアベルの事は知らなかったのですが、興味をそそられました。

次は、『ハチワンダイバー』柴田ヨクサル先生のコメント。

常に『Zガンダム』。

ヨクサル先生はちょいちょいガンダムについて触れます。
Zガンダムは観たこと無いのですが、ヨクサル先生好きな自分としては一度観てみたくなりました。

そして次は、今週のMVS(Most Valuable 作者コメント)の発表です。

『今週のMVS』

久々に登場『嘘喰い』迫稔雄先生のコメント。

『嘘喰い』のWikipedia。

今週のコメントはダントツで迫先生が良かった。
たまにドでかいパンチを放ってきます。

それでは、また来週。

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

肉まんとヤングジャンプはとてもよく似ている 作者コメントレビュー第8回

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

肉まん・イズ・ホット
ヤングジャンプ・イズ・ベリーホット
どうも、竹の子ぱおぱおです。
肉まん

いきなりよく分からない始まりですが、スピードが重要視されるビジネスシーンにおいて、結論から述べることはとても大切です。
ビジネスの世界でどこまでも成長し続けるにはスピードが大事なのです。
Go Go Heaven どこまでも行こう Hey Yeah!な訳です。

早速ですが、今週の作者コメントレビューを始めます。

週刊ヤングジャンプ2014年17号の作者コメント欄の質問は、

コンビニに寄ると、つい買ってしまうものは何ですか?

でした。
この質問により、今週はとても興味深い現象が起きました。
それは、「作者コメントの内容」「連載作品のイメージ」「作品から受ける作者のイメージ」とがなんとなく合う現象です。
この現象に名前を付けたかったのですが、小一時間考えた挙げ句に、
「アメリカ人に変な色のお菓子は似合うよね現象」
というよく分からない感じへ終着しそうになったので諦めました。
レインボーカップケーキ

んで、その現象なのですが、分かりやすいコメントを一つ紹介します。

『源君物語』稲葉みのり先生のコメント
(質問:コンビニに寄ると、つい買ってしまうものは何ですか?)

明治のミルクチョコレート

ね?なんとなく合う。
この「なんとなく合う感」の絶妙な作者コメントが、今週はとても多い。

ここではそんな中から今週のMVS(Most Valuable 作者コメント)を紹介します。

『今週のMVS』

やっぱりこの人はヤングジャンプ作者コメント欄において今一番の注目株です。

『横浜線ドッペルゲンガー』玉木ヴァネッサ千尋先生のコメント
(質問:コンビニに寄ると、つい買ってしまうものは何ですか?)

ふんわり鏡月です!
ふんわり鏡月

今週号で唯一お酒をコメント。
『モングレル』村瀬克俊先生が「酒のおつまみ!」とコメントしていますが、玉木先生は直にお酒。
唯一アルコールをコメントしているというのもやはり「なんとなく合う感」が絶妙です。

そしてMVSではありませんが、まだ紹介したいコメントがあります。
ヤングジャンプは「熱い」内容の作品が多いのですが、その中でも
『キングダム』『ハチワンダイバー』『嘘喰い』
の3作品は長期連載で熱い内容を続けています。
そしてこの3作品の先生達のコメントが

『キングダム』原泰久先生
「肉まんです。」
とコメント。

『嘘喰い』迫稔雄先生
「肉まんです。」
とコメント。

『ハチワンダイバー』柴田ヨクサル先生
「中華まん。」
とコメント。

長期間に渡り熱い連載を続けている先生方のコメントが、若干の違いはあれど被る。
そしてそのコメントの内容が、昔から人気のあるホクホクとした熱い食べ物。
これが今週号の作者コメント欄において最も絶妙な「なんとなく合う感」です。
肉まん

今週の作者コメント欄は本当に素晴らしかった。
それでは、また来週。

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

ヤングジャンプ連載陣の個性が凄い

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

どうも、竹の子ぱおぱおです。

漫画雑誌に載っている作者コメントの素晴らしさを伝えたくてこのブログを始めました。大好きな連載漫画を読むのも楽しいですが、雑誌を読み終えた後に印象に残っているのって意外と作者コメントだったりしませんか?
僕はそうです。

第1回目は、週刊ヤングジャンプの作者コメントをレビューします。
ヤングジャンプの作者コメントは、毎週違った質問にそれぞれの作者が答えるタイプ。
2014年10号の質問は、
ヤングジャンプ10号表紙
『心に残る、人生NO.1の「アニメ」は何ですか?』

肝心の答えをレビューする前に。
ここ最近のヤングジャンプ作者コメント欄における、個性的なキャラを紹介します。
プロの漫画作者達本人をキャラクターに見立てるという暴挙に出ます。
漫画を読む感覚でお楽しみ下さい。

時たま見せる妻への愛情は将棋の定石の如く揺るがない!
永遠の愛妻家!!
『ハチワンダイバー』柴田ヨクサル
ハチワンダイバー

渋いコメントで他との格の違いを見せつける!
漫画家をなめんじゃねぇ!!
『幕末紅蓮隊』本宮ひろ志
幕末紅蓮隊

今の若物に近い感覚と親しみやすさは本物!!
トンガリ頭で心を優しく刺激する!!
『干物妹!うまるちゃん』サンカクヘッド
うまるちゃん

螺旋階段を昇るように人気上昇中!
渦巻く個性は止められない!!
『ねじまきカギュー』中山敦支
ねじまきカギュー

登山家の後に死刑執行人の生き様を描く!
まさしく孤高の人!!
『イノサン』坂本眞一
イノサン

漫画とコメントのギャップに驚かされる!
そのコメント嘘か真か!?
『嘘食い』迫稔雄
嘘喰い

最近のヤングジャンプ作者コメント欄において、この6人のキャラに要注目!!

そして、最新号の質問。
『心に残る、人生NO.1の「アニメ」は何ですか?』
6人の猛者達はどんな個性的な活躍を見せるのか!!

まずは、『ねじまきカギュー』中山敦支のコメントから!!

『「もののけ姫」です。』

この回答、『東京喰種』石田スイも同じく「もののけ姫」を挙げている!!
ヤングジャンプ連載陣の中でこの二人には近いものを感じるか!?

次は、『干物妹!うまるちゃん』サンカクヘッドのコメント

『最近は「ラブライブ!」にどっぷりです!』

やはり、最近の若者感覚は本物だ!!

次は、『ハチワンダイバー』柴田ヨクサルのコメント

『「Zガンダム」』

愛妻家っぷりは炸裂せずも、他にもガンダムシリーズやロボットものを挙げている人は多く、ガンダムの人気と影響力を強く感じた!!

次は、『イノサン』坂本眞一のコメント

『「AKIRA」。今見ても色褪せる事のない完成度に畏怖すら感じます。』

流石のコメント。僕個人としては貴方の作品の素晴らしさと描く姿勢に畏怖すら感じております。

次は、『嘘食い』迫稔雄のコメント

『「ドラえもん」です。』

出ました!!ギャップ!!
ただ、藤子・F・不二雄の短編作品を浮かべればなんか分かる気がする!!

そして最後は、『幕末紅蓮隊』本宮ひろ志のコメント

『自分の作品がアニメになったのは思い出深かったね。』

やっぱり最後に格の違いを見せつけたぁーーー!!

・今週のベストコメント

『幕末紅蓮隊』本宮ひろ志

『自分の作品がアニメになったのは思い出深かったね。』
幕末紅蓮隊

これを機に作者コメントページの楽しさを見いだして頂けたら幸いです。

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る