タグ別アーカイブ: 柴田ヨクサル

ハチワンダイバー最終回

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

I LOVE ハチワンダイバー。
どうも、竹の子ぱおぱおです。

今週のブログテーマは「将棋」。

と言うわけでハチワンダイバー最終回。
僕としては、とても気持ちの良い終わり方でした。
まだ指した事が無い人に将棋への興味を持ってほしい。
そんな作者の気持ちを表した最終コマ。
まさしく最初の一歩。

これ以上ハチワンダイバー最終回について触れたら安っぽくなってしまいそうなのでこれくらいにして、、僕は最終回に刺激を受け将棋をやってみようかなぁ~と思いました。
まったく指した事が無いわけではありませんが、完全に初心者でめちゃくちゃ弱いです。
将棋にモチーフを得ているであろうファイアーエムブレムというゲームはたくさんやりましたが、死にまくります。

ファイアーエムブレム

僕が初めて将棋と出会ったのは小学生の頃。
「プレイ倶楽部」という名前の部で出会いました。
いかがわしい雑居ビルの看板に書いてありそうな名前の部ですが、簡単に言えば「道具」を使ってプレイする部です。
簡単に言いすぎて余計に雑居ビルが似合う佇まいとなりましたが、将棋や囲碁みたいな「道具を使う昔ながらの遊び」に触れようという趣向です。

ちなみに「プレイ倶楽部」で検索したら、「ローションPLAY倶楽部R」というデリバリーヘルスのホームページがヒットしました。
たぶん雑居ビルに事務所構えてます。知りませんが。

そんな、プレイ倶楽部ですが、僕といえば将棋や囲碁にはあまり触れず、

「道具を使えばいいんだろ」

とか言い出して、そろばんをひっくり返しローラースケートみたいに遊ぶクソガキでした。
そんなクソガキも今は立派に大きくなって、ブログテーマに無理矢理からめて下ネタを書くような大人として生きています。
全く成長していません。

それ以降は将棋に触れていないような僕が今、将棋を始めようとしています。
将棋に対して苦手なイメージを持っていましたが、ハチワンダイバーを読んで「楽しそう」と思ったのがかなり大きいです。

ただ、全く成長していないので将棋に絡めて下ネタを言う可能性があります。
「角」と「桂馬」二枚を三角に並べて「三角木馬戦法」とか言い始める可能性があります。
「金」で「玉」を守る時に「金玉囲い」とか言い始める可能性もありますが、これは似たような事を小学生の時に言ってた気がします。

そんな僕ですが、将棋を楽しみたいと思いました。

それでは、また来週

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

出たーーー!!! 作者コメントレビュー第19回

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

ギリギリのタイミングでついに来た。
どうも、竹の子ぱおぱおです。

今週のブログテーマは「号泣」。

なのですが、今日はどうしてもやりたいので久しぶりに例のアレ。
忘れた頃にやってくる。
たとえ誰も望んでなくても勝手にシレッとやってくる。
乳毛のような存在感。

作者コメントレビューをお送りします。

きむちちげ
早速ですが、週刊ヤングジャンプ2014年32号の作者コメント欄の質問は、

ついつい食べてしまう夜食は何ですか?

でした。

いや~、ついに出ました。
次週が最終回という超ギリギリのタイミングで。
作者コメントレビューを始めてからほとんど出て来なかったんですよね。

柴田ヨクサル先生の愛妻コメント。

もうね、作者コメント欄で読者の顔を赤くさせるのはヨクサル先生くらいですよ。
もうね、身体が欲しているのですよ、そんなコメントを。
もうね、夜も眠れず枕を先走りの汁で濡らしているのですよ。
もうね、おちんちんを枕に乗せるなっていうお話ですよ。
もうね、どんなアクロバティックな寝方をしてるんだっていうお話ですよ。
もうね、とりあえずパンツを穿こうかっていうお話ですよ。

それでは、紹介したいと思います。

最終回目前『ハチワンダイバー』柴田ヨクサル先生のコメント
(質問:ついつい食べてしまう夜食は何ですか?)

ヨクサル先生コメント

(〃´ x ` 〃)ポッ

これからもこんな感じで、作者コメントレビューをやっていきます。

そして来週はハチワンダイバー最終回。
楽しみです。

それでは、また来週。

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

今週の作者コメント欄はウルトラ充実 作者コメントレビュー第17回

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

カギュー終わっちゃう。
どうも、竹の子ぱおぱおです。

来週は、ねじまきカギューが最終回です。
好きな連載の中の一つだから寂しい気持ちもありますが、挑戦的な展開や演出も多々あった作品ですので、どのような終わり方をするか楽しみです。

それと、モンスガ。
今週号でどのような漫画なのかが見えてきました。
今回のろくろ首のように、妖怪の特徴を生かした武器として憑依(?)した仲間と共に戦うバトルもの。
こういう設定大好きです。

そして、キングダムがお休みで残念。
もう少し話が進んだら、大好きなファルファルおじさんが活躍する展開になりそう。
ただ僕は、今回の戦で武勲を挙げた信が元王騎軍でもあるファルファルおじさんの部下達を率いる事になる。と、予想しています。
もしそうなったらファルファルおじさんは・・・。
ファルファルおじさんが何のことか分からない人は、キングダムの単行本を読んでください。
たぶん、思ってる以上にファルファルしてます。

ファルファル

それでは、今週の作者コメントレビューを始めファル。

週刊ヤングジャンプ2014年27号の作者コメント欄の質問は、

衣替えの季節!(鑑賞目的で)好きな服装・コスプレは何ですか?

でした。

どうやら僕は、『鑑賞目的』という言葉が持つニュアンスのせいなのか、下ネタ方面で考えてしまう体質なようです。
コスプレという単語も、エロをメインに捉えてしまいます。
それはちょっとどうなのかなぁ~と我ながら思う時もありますが、ヤングジャンプ連載作家の面々の中にも、同じような体質の方々がいらっしゃるようです。

大変心強い。

天下のヤンジャンを勝手に味方につけたところでコメントに移ります。

まずは、『バルセロナの太陽』村上よしゆき先生のコメント

裸エプロン!

力強い素晴らしいコメントでした。
「裸エプロン」に感嘆符が付くと、もの凄くテンションが高く見えるという発見もありました。

次は、『横浜線ドッペルゲンガー』玉木ヴァネッサ千尋先生のコメント

裸に葉っぱです!

作者コメントレビューでは殿堂入りする勢いの玉木先生。
未だにどんな人なのか未知の部分は多いですが、僕の中で好感度がさらに上昇しました

次は、『妖怪少女-モンスガ-』ふなつかずき先生のコメント

鑑賞目的!?ミニスカショーパンニーソスク水メイド裸エプロン。

ふなつ先生は毎回長めのコメントをするのが特徴なのですが、今回は単語の弾丸を乱れ撃ちしてきました。
僕的にはスク水が一番破壊力ありました。

次は、『テラフォーマーズ』作/貴家悠先生のコメント

最後まで着てさえいれば、何でも楽しめます。

良くぞ言ってくださいました貴家先生。
完全に同意します。

次は、MVS(Most Valuable 作者コメント)の発表です。
貴家先生のコメントも悩みましたが、この先生です。

『今週のMVS』

『嘘喰い』迫稔雄先生のコメント

ウルトラの母。

ウルトラの母

めちゃくちゃ笑いました。
なんか迫先生は、作者コメントを大喜利のような感じで楽しんでいるフシがあります。

『ハチワンダイバー』柴田ヨクサル先生のコメント
ライダーマン。

『LIAR GAME』甲斐谷忍先生のコメント
ドラえもん。

も、その意味で凄く良かったのですが、ウルトラの母はエロ要素だけで捉えたとしても分かるのでMVSに選びました。
ウルトラの母で性に目覚めた青少年は沢山いると思います。

ウルトラの母2

今週の作者コメント欄はお笑い要素として超充実してました。

それでは、また来週。

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

ふなつかずき先生と坂本眞一先生の本棚は特に面白そう 作者コメントレビュー第16回

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

漫画家の本棚を見てみたい。
どうも、竹の子ぱおぱおです。

本棚

そうなんです。漫画家さん達の本棚を見てみたいのです。
この作品を描いている作者は今までどんな漫画を読んできたのか。
それを知りたいのです。
書籍化もされている『作家の読書道』というサイト(WEB本の雑誌)があります。
これは、様々な作家達をゲストに迎え、幼い頃からどんな本を読んできて今に至るのかをインタビュー形式で載せていてとても面白い。
どのような環境で育ってきたのかという要素も織り交ぜながら様々な本のタイトルが出てくるので、「本を読むのが好きで創る側に進んだ人達」のノンフィクションとしても楽しめます。
そのくらい面白いのですが、これに出てくる人達はほぼ全て「小説家」なのです。
これの漫画家版が読みたい。

ここまで少し真面目に書きましたが、ふと自分の本棚を見たら『代紋TAKE2』というヤクザ漫画の横に『かりあげくん』が並んでるような感じだったので、真面目に書くのが少し恥ずかしくなってきました。
いや、でもおふざけ無しで、そういう「生活感とその人の歴史がある本棚」に興味があるのです。
作家の読書道にももちろんその要素はあるのですが、僕の中のチャンネルが変なところに合っている状態で読むと、

「いやいやいや、エロ本から受けた影響も少なからずあるんじゃないのかい先生?」
「そこんとこどうなんだい先生?エッチなのもお好きなんでしょ?このこの~。」
「というか官能小説が好きそうな顔してるなこの人」

とか思ってしまいます。
そういう変なチャンネルと真面目なチャンネルの中間くらいの感覚で読める作者コメントが僕の肌には一番合います。
一つのページに色んなチャンネルが混在しているような感覚で楽しい。

それでは、今週の作者コメントレビューを始めます。

週刊ヤングジャンプ2014年26号の作者コメント欄の質問は、

もし可能ならその世界に入ってみたい物語は何ですか?

でした。

まずは、『ハチワンダイバー』柴田ヨクサル先生のコメント

『ガンダム』。ジオン側で。

二週連続のガンダムコメント。
愛妻家としてここでは紹介させて頂きましたが、作者コメントレビューを始めてからのコメントにはその感じがほとんどありません。
というかハチワンダイバーが佳境に入って楽しすぎですヨクサル先生。

次は、『リクドウ』松原利光先生のコメント

『ロックマン』でお願いします。

新連載が始まってから注目していたのですが、コレっていうようなコメントはありませんでした。
ですが、ここにきていきなり「ロックマン」をぶっ込んできました。
作品も含めて期待大です。
今週の意外性のあるコメントナンバー1でした。

そして次は、MVS(Most Valuable 作者コメント)の発表です。

『今週のMVS』

『イノサン』坂本眞一先生のコメント

『ベルサイユのばら』華麗な世界を垣間見たいです。

意外性の間逆を行くコメント。
もうなんか坂本先生は、イノサンと共に歩んでいる感じですね。
前作『孤高の人』の後半も凄かったのですが、それを超えそうな勢い。
楽しみです。

あと、モンスガがいきなりの展開でそれも楽しみ。
でも今週エロ少ない。
パンチラをチラチラさせつつ、青年誌の限界に挑んで欲しいです。
先週はマンチラ寸前で大変美味しく頂きました。

マンチラって何?

モンスガの展開が見えてきたら特集したい。
それでは、また来週。

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

ハチワンダイバーに出てきた扇子欲しい。 作者コメントレビュー第15回

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

短め。
どうも、竹の子ぱおぱおです。

このブログ(作者コメントレビュー)は、基本的には「のほほ~ん」と力を抜いて読んで頂きたいと思ってます。
柔らか~な気持ちで読んで欲しいのです。
包み込むような優しい気持ちで読んで欲しいのです。
亀頭を優しく包み込むおちんちんの皮のような気持ちで読んで欲しいのです。
これを読んでる皆様には是非ともおちんちんの皮になって欲しい。
そうなると僕は亀頭ということになります。
嫌です。

かめさん

それでは、作者コメントレビューを始めます。

週刊ヤングジャンプ2014年25号の作者コメント欄の質問は、

現連載作を作る上で、最も参考になった「資料」は何ですか?

でした。

まずは、月イチ連載『ZETMAN』桂正和先生のコメント。

インスピレーションを受けたのは『ケインとアベル』。

こういうコメント大好きです。
ケインとアベルの事は知らなかったのですが、興味をそそられました。

次は、『ハチワンダイバー』柴田ヨクサル先生のコメント。

常に『Zガンダム』。

ヨクサル先生はちょいちょいガンダムについて触れます。
Zガンダムは観たこと無いのですが、ヨクサル先生好きな自分としては一度観てみたくなりました。

そして次は、今週のMVS(Most Valuable 作者コメント)の発表です。

『今週のMVS』

久々に登場『嘘喰い』迫稔雄先生のコメント。

『嘘喰い』のWikipedia。

今週のコメントはダントツで迫先生が良かった。
たまにドでかいパンチを放ってきます。

それでは、また来週。

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る