タグ別アーカイブ: 東北高校

高校野球といえば、東北高校の真壁投手

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

どうも、春眠亭あくびです。

今週のテーマは高校野球。
全く思い入れがない。

そもそも僕は野球が超絶へたくそだ。
まず守備ができない。
飛んできたボールを捕球することができない。
僕にとっての捕球とは、まずグローブでボールの勢いを殺し、さらに自らの身体に当てて完全に停止させたところで、グローブをはめてない右手でボールを鷲掴みすることである。
あまりに下手すぎてファーストに追いやられたが、キャッチボールもできないのでもうお手上げ。

結果、ゴリゴリのインドア派に成長いたしました。

そんな僕だけど、一度だけ高校野球をかぶりつきで観たことがある。

それは、東北高校の試合。
いまやメジャーリーガーのダルビッシュ有が、まだ高校生だったころのお話。

ダルビッシュ有は高校生の頃からすでに怪物扱いで、当時落語研究会という野球の対極にいた僕ですらその存在は知っていた。

で、そのときは確か落語研究会の夏合宿だったと思う。
「落語で合宿ってなんだよ、千本寿限無とかやるのかよ」
とお思いの方もいらっしゃるだろうが、単に地方へ行って寝泊まりして、最終日に地元で公演をするというものです。
大したものじゃない。
というか、ろくに練習しないでゴロゴロしてる時間の方が多い。

だからテレビを観る。
ひたすら昼間からテレビを観る。

結果、普段は観ない高校野球を観ることになる。

でも落語研究会。
とにかくマイノリティ。とにかくあまのじゃく。

当然の結果として、僕らはダルビッシュ有ではなく、控えの真壁投手の応援を全力ですることになる。

20140806-083638-30998739.jpg

黒縁メガネにニキビ面にサイドスローという、ザ・童貞の出で立ちに、僕らの親近感はマックスに。

「ダルビッシュ有の影で光らないだけで、他の高校ならエース」
「いや、控え投手というルサンチマンをかかえているからこそ、真壁は真壁足り得てる」
「メガネだから多分頭いいと思う」
「ニキビすごいから、性欲すごそう」
「ルサンチマンをオナニーで発散してるに違いない」
「たしかにオナニーすごそう」
「メガネを利用した特殊なオナニーしてそう」

などと、失礼先晩な感想を伊井ながら、真壁投手の登場に一喜一憂してたのを覚えている。

あのときが僕の人生で一番野球を楽しんだときだったかもしれない。

真壁投手元気だろうか。
今何してるんだろう。

Google先生に聞いて見たところ、ホンダの社会人野球部でピッチングコーチをしてるみたい。

花はないけど堅実。
そんな真壁投手にぴったりの道だと思った。

20140806-083638-30998662.jpg

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る