タグ別アーカイブ: 懸賞

当たりたてホヤホヤ。

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

テンション上がる。
どうも、竹の子ぱおぱおです。

今週のブログテーマは「懸賞」

この記事を書いているまさに今。

懸賞に当たりたてホヤホヤです。

当たったものが自宅に届いてからなんと24時間以内です。
プレゼントの品自体は近所の駅ビルで使えるお買い物券1000円分なので高価なものではありませんが、素直に嬉しいです。
そして、こんなにも鮮度が良い記事を書けるこの幸運に興奮を覚えています。
もし釣りたてのイカだったら間違いなく刺身にしてるくらいの鮮度の良さですよ。

そして肝心のそのお買い物券。
当たったという現実にテンション上がりすぎてさっそく使いましたよ。
駅ビルのマツキヨでバブと洗濯用洗剤をゲット。
使いたてホヤホヤですよ。

そして無料でゲットしたバブ。
さっそく使ってやりましたよ。
バブを溶かした浴槽へ存分に浸かってやりましたよ。
使いたてホヤホヤの浸かりたてホヤホヤですよ。

途中から「ホヤホヤ」言いたいだけみたいになりましたが、実際のところホヤホヤ言うのが楽しくなっているので、楽しくなりたてホヤホヤです。

こんなにもホヤホヤの事を欲している自分がいるなんて思ってもいなかったです。
このままでは懸賞についての話が進まないので、ホヤホヤのことは忘れます。
さようなら、ホヤホヤ。
元気でね、ホヤホヤ。
風邪を引かないように暖かくして寝るんだよ、ホヤホヤ。

涙を拭って懸賞の話に戻ります。
懸賞で当たったら嬉しいものは、コンタクトレンズですね。
付けたことはないのですが興味はある、でも気軽に買えるほど安い買い物でもない。
そんな僕にとって、当たったら最初の一年分は無料になる、みたいな懸賞があれば間違いなく応募します。
検査もあるし難しいとは思いますが、どこかにないですかね。
HOYA
ん?

HOYA2

あれ?
これは・・・。

HOYA3

やっぱり・・・。
そうだ、間違いなく・・・。

HOYAロゴ

か~ら~の~。

HOYAロゴホヤホヤ

何が書きたいのか分からなくなりたてホヤホヤです。

それでは、また来週。

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

友人がNintendo64を当てた話

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

ども。春眠亭あくびです。

今週のテーマは懸賞。
僕が中学生の頃、ファンタを飲んでNintendo64を当てようキャンペーンがあった。
ファンタに応募券が付いてて、それを集めて送ると抽選で当たるという、よくあるやつだ。
ただよくある他のやつと違うのは、ファンタが用意したNintendo64の数がハンパなかったということ。
うろ覚えだけど、本体が確か500名分くらい用意されてたと思う。
もっとかもしれない。
600名?
…1000名?
めんどいから6兆名分ってことにしよう。

とにかく、結構当たるのだ。
でも、そんな懸賞なんて当たるわけないでしょ。
数字だけすごいこと書いといて、どうせファンタの社員がかっぱらうってオチだろ?
そう思ってた。
身近に当選者が出るまでは。

友人のごーちゃんが、見事本体をゲットした。
しかも、ハガキ2枚分くらいしか送ってないというのだ。
そこから、僕らの周りでファンタバブルが始まる。
当時あの辺の中学生たちはほぼ全員、ひたすらファンタを買う、飲む、応募する、買う、お母さんに飲み過ぎだと怒られる、買う、という生活に突入。
確実に生活習慣病予備軍になっただろう。
そんな中、ごーちゃんはなんとNintendo64のソフトもゲット。
さらにファンタバブルに拍車がかかることとなる。
そうして、地域にあるファンタの在庫を僕らが全て飲み干した所で、ファンタキャンペーンは幕を閉じる。

結果、ごーちゃんだけが当選。単にごーちゃんがすこぶる運がよかっただけだったのだ。
後に残されたのはファンタへのトラウマだけ。
その後すぐに、オレンジ色と紫色を見ると死にたくなる病が大流行することになるが、それはまた別の話。

image

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

食の神様がついている!?

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

なんでも今週は懸賞にスポットをあてているんだとか。

 

割と籤運に乏しい私ですので、懸賞にもそうあたることもなく、あまり好きではないかというと、大好きデス★

 

その昔、有り余る時間を?パズル雑誌で全問制覇し、全問まとめてプレゼントに応募していた程度には、懸賞好きなのです。

 

ほとんど当たらないのになぜ好きなのか!?

 

それは、プレゼントの内容が食べ物やドリンクだと格段に当選確率があがるから。

 

これは一般的なお話ではなく、自分個人のお話☆彡

 

直近で言えば、オランジーナなどについているステッカーで応募すると、80万名にもあたると言われている「妖怪ウォッチ」の特別カードが全く当たる気配すら見られないにも関わらず、数百名規模に当選する「食品」に関しては、当たるといった塩梅。

 

宮崎地鶏やら、トマトジュースやら、ホットケーキミックスやら、と★

 

なんだか食いっぱぐれないカンジ!!

 

そして、なんやら商品が届きはじめると、籤運が良いのではないか?と誤解してしまうループにはまっていき、まわりにまわって懸賞好きな状態になっているのではないかな、と。

 

あと、ちょっと曲がっちゃってるのかもしれませんが、懸賞の情報って、「懸賞以外には使いませんよ」って書いてあっても、なんやかんやで転用されたり、漏れちゃったりするじゃない?

 

だからヘンなDMが届きはじめたりするんだけど、怪しげな雰囲気を醸し出している懸賞や、ゴリゴリの営業会社が母体だったり、協賛している場合、ものすごくテキトーな情報を書きたくって応募したりするので、女性向けのDMがバンバン届いたりするのがちょっと楽しかったりするので、そんなとこも含めて懸賞が好きなのカモ!?

 

そんな訳で、皆様もバンバン、懸賞に応募すると良いと思います!!

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る