タグ別アーカイブ: 商船三井

HE IS BACK!!!!!!

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

皆様、おめでとうございます。

HE IS BACK!!!!!!つまり「ネームの真理に最も近い男」こと冨樫先生がジャンプに戻ってきる、つまり、ハンターハンターが再開されます。

約2年ぶりの連載再開です。

Back

先週の株やFXの結果はもうどうでもいいです。

あの国が商船三井を大昔のことで訴えやがったりして株価も下がりましたが、そんなことどうでもいいでしょう。ハンターハンターが再開されていなかったら、ゴンがゴンさんになって暴動が起きるところですよ。

感謝  

あの国は、冨樫先生に感謝を述べるべきですよ。少なくとも一万回は行うべきです。

ハンターハンターが連載再開されることで起きる効果は計り知れません。少なく見積もっても3つの効果があります。

1点目は、ニートが働き出すことです。

「冨樫が連載再開したら働く」とネット上では見かけます。こうした書き込みを見る限り、ニートの人たちは、ハンターハンター再開により働きだします。

現在日本にはニートが62万人程度いるようです。

※子ども・若者白書(旧青少年白書)より

労働者数は6332万人と言われています。

※総務省統計局より

ニートが働くことで労働者人口の0.9%押し上げることになります。労働者人口を増やすことはGDPを上げり、日本の経済を盛り上げることになります。

2つ目の効果は、ジャンプの売上げがあがることです。

ジャンプの売上が40万部あがるいう噂があります。私は本当だと信じています。

ジャンプ

ジャンプの売上げが伸びることで集英社の利益につながります。また印刷会社も儲かるでしょう。ジャンプを運ぶ運送会社も儲かります。その結果、働いている人の給料があがります。すると良いもの、多くのものを買います。そしてそのお店も儲かり従業員の給料があがり、また別のお店でより良いもの、多くのものを買うことになるという、景気の正スパイラルになるのです。

少し前日本で起きていた、負のスパイラルとは正反対のことがおきるのです。

3つ目は、日本全体の機運が高まります。実際私もこのニュースを知った時は、よし働こうと気合いを入れ直しました。

はてなブックマークのコメント欄にも「溜まってる仕事、僕も頑張るわ!」という反応があるくらいです。

少しアベノミックスが落ち着き、景気に停滞感があったものの、ハンターハンター再開によりこの停滞感が吹っ飛びます。

以上のことからハンターハンターが再開されることで、絶対に日本の景気は上がります。

「HE IS BACK!!!!!!」=「JAPAN  IS  BACK」なのです。

japansi

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

FXのストラテジーについて学んだことは、結局は風俗で学んだことと一緒だった。

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

予告通り、FXのストラテジーについてです。

FX自動売買

FXのストラテジーに関する記事を読むと、以下3点に注目必要があるようです。

1点目は期待利益です。

期待利益は過去のトレード実績から今後期待できる利益のことです。

簡単に言うと、こんな式で表されます。

期待利益=平均月額損益×取引通貨

決して平均月額損益が今月も出るわけではないので気をつける必要があります。

これを風俗に例えると、過去のレビューからこの風俗の良さを予測することです。レビューが良くても実際に地雷姫にあたることもありますので、気をつけなければなりません。

日本ピンサロ研究会

レビューサイトと言えば日ピン研ですね

2点目は最大リスクです。

最大リスクとは、計測期間内における下落幅の最大の損失である最大ドローダウンよりも更に最悪を想定することです。

最大にどれだけの負けが続くかを導き、合計したロスカットの値をかけたものになります。

これを風俗で例えると、地雷姫に当たってMANZOKUしないからまた別のお店に行っても地雷姫に当たってしまう。これを繰り返して損する額だと思ってください。地雷姫に当たってしまった場合はとりあえず、その日はお店に行かないことをオススメします。    

地雷女

 

3点目は、プロフィットファクターです。

総利益/総損失という式で求められ、1以下ですと運用結果がマイナスになり1以上値が大きいほど優秀なストラテジーです。

運用期間が長いストラテジーでプロフィットファクターの数字が大きいものを選ぶ必要があります。

これを風俗で例えると、風俗をイッた際に「MANZOKUした値/かかった費用」の値を計算し、その値が小さければそのお店は良くない、値が大きければそのお店は良いということになります。

MANZOKU

 

上記3つの注目ポイント(期待利益、最大リスク、プロフィットファクター)を考慮し、ストラテジーを組み合わせて運用することが必要とのことです。これを考慮し今後のストラテジーを選んでいきます。

ここまでこの記事を読んでいる人なら、これも風俗でも同じことが言えると分かっているはずです!

風俗に行く前はしっかりとレビューを見て良いお店を選び、それでもMANZOKUしなかった時はとりあえずその日は諦める。実際にイッた風俗には「MANZOKUした値/かかった費用」の値を計算しておく。そして様々なお店にイクことで、あなたのMANZOKU度は上がることになります。これであなたもMANZOKUな風俗ライフが送れるはずです。

MANZOKU02

FXの状況は次の通りです。

ごめんなさい、システムメンテナンス中です。

小人さんが頑張っていますね。

 

株の状況は次の通りです。

【商船三井】

先週の株価:417円

含み益:60,000円

上がり調子です。このまま上がってください。

液化天然ガス(LNG)輸送船や海洋開発に集中投資するようです。

ニュース記事によると・・・

商船三井が31日発表した中期経営計画では、2015年3月期から6年間で約1兆1300億円の設備投資を見込んでいる。そのうちLNG輸送船に5200億円を投じる。LNG輸送船の運航規模は14年3月期末見込みの66隻から20年3月期末に120隻に拡大する見通しだ。
 石油・ガスといった海上生産設備など海洋開発事業に対しても1800億円を振り向ける。「確実な利益を見込む領域に選別投資し、業績への下振れリスクを最小限にする」(武藤光一社長)

この投資が上手く行ってほしいです。

【リプロセル】

先週の株価:922円

含み益:-161,000円

下がり続けています。

先週と同様、私は待ちますよ。

待ってる人間ですから!

【セフテック】

先週の株価:354円

含み益:7,000円

変化ないですね。

【トップカルチャ】

先週の株価:474円

含み益:9,600円

セフテック同様変化がありません。

株だけで、844,400円の含み損です。

リプロセルの株があまりよい効果を出さないですね。

決算がでればまた株価に大きな変化がありそうです。

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

エロ産業から見る株パート2

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

今回は、シリコン関連の会社、ローション関連の会社にスポットを当てて分析していきます。

今回も素人がなに分析しているんだよという、小バカにする感じで記事を読んでください。

素人      

シリコン関連会社ですが、
・株式会社シリコンテクノロジー
・信越シリコーン
・株式会社SUMCO
・シリコンテクノロジー株式会社 など
があります。

その中で、株式を公開しているのが株式会社SUMCOだけでしたので、株式会社SUMCOについて分析します。

sumco
株式会社SUMCOは半導体の半導体の基板、つまりシリコンウェーハの生産・販売をメインに行っている会社です。

シリコンウェーハ

※上記図がシリコンウェーハです。
ダッチワイフに使われているか微妙ですね。というか多分使われていにでしょう。
ただ、ウェラブル端末関連には使われそうな技術を持っていそうな会社です。
実際スマホ向けにはシリコンウェーハを提供していたようです。
またどちらかというとスマホでも高級スマホ向けをメインだったようで、高級スマホの売上げが高い国内のスマホ売上げが下がっていることを考慮するとあまり上昇しそうにはないです。
PERが16.50倍、PBRが1.69倍とそれほど割安感が強い株ではありません。
エロ産業とは関係なくなってしまいましたが、特に買うべき株ではなさそうです。

次にローション関連会社です。

ローション関連会社は、
・オカモト
・ジェクス株式会社
・株式会社バイオリンク
・中島化学産業 など
があります。

その中で株式を公開しているのがオカモトだけでしたので、オカモトについて分析します。

オカモト
オカモトと言えば、絶対に思い出されるのがコンドームです。
0.02ミリのコンドームが有名ですが、今は「オカモトゼロワン」という商品を出されるようです。
オカモトのページの中でも
「オカモトゼロワン」は、「スキンレス」シリーズ、「ゼロゼロスリー」シリーズ、「うすさ均一 0.02EX」シリーズと薄さにこだわって開発してきた弊社の技術の最終章として開発された製品であり、オカモト史上最薄の均一な薄さ 0.01 ミリ台を実現しております。
と力強く書かれています。

0.01
これこそ日本が誇れる技術です。
その他にも、プラスチックフィルムを使っている長靴や工業テープなでの商品を作っているようです。
オリンピックでは数多くのコンドームが使われると言われています。

オリンピック

2020年に行われる東京オリンピックではオカモトのコンドームが使われる可能性は大きくあります。0.02、0.01のコンドームを使った海外の選手は、オカモトのコンドームを忘れられず、またオリンピック選手の口コミで、海外での売上げが急激に伸びることが考えられます。

PERが17.50倍で平均的ではあるものの、PBRは0.82と1を切っていることもあり、少しの割安感はあります。
株主優待にコンドームがないことは大変残念ですが、投資するのも悪くないと思います。
少し様子を見つつ買いを入れるかもしれません。

先週のFXですが…

130,538円の損です。

現在の所、全体で183,019円の損です。

損ばかりです。。。

絶望

来週は、FX及びストラテジーにスポットを当てていきます。そして勝ちます。

株の状況は次の通りです。

【商船三井】

今週は389円で1000株買い増しを実施しました。

先週の株価:397円

含み益:20,000円

少し戻りました。

インドニューデリー近郊グルガオン地区で倉庫サービスを拡充するようです。

思ったよりもウクライナ情勢も悪くないようで、引き続き株価の戻りを期待します。

【リプロセル】

先週の株価:942円

含み益:-157,000円

またさがりました。

赤字がなかなか解消されないようです。

待ちますよ。待ってやりますよ。

【セフテック】

先週の株価:352円

含み益:5,000円

少し戻りました。

この会社はニュースが少ないようです。

【トップカルチャ】

先週の株価:468円

含み益:8,400円

少し下がりました。

株だけで、123,600円の含み損です。

少しは戻りましたがまだです。

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

エロ産業から見る株??

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

先週、先々週とスマートフォンの次に来るとウェアラブルデバイスに関連する会社について、買うべき株なのかを分析してきましたが、どうもあまり利益が出そうにないという結論に至ってしまいました。また時が経てば変わる可能性も高そうなので、また時期をみて自分なりに分析してみようと思います。

 

そこで今回はエロ産業から、今回と次回の2回分けて買うべき株を探してみます。

エロ産業

まず、エロ産業を大きく二つの産業に分けて、分析していきます。

 

一つは、ビデオ、おもちゃ、ゲームなど、モノやコンテンツとして産業

もう一つはサービスを主とする風俗産業です。

前者の産業の一部ですが、アダルトビデオ市場は4000〜5000億円。

出典:intenetWatch

pp_72376l

※出典をしっかり書かないと小保方さんみたいになってしまいますので一応出典は書いております。

これは国内ゲーム市場程度あるようです。

※国内ゲーム市場は4,936億6000万円

 出典:ファミ通

アダルトビデオ市場だけで4000〜5000億円ですので、おもちゃ、ゲームも含めれば、国内ゲーム市場を超える産業です。

ただ最近は他のコンテンツと同様、ネットによって無料に見るユーザが多くなっており厳しい状況にあるようです。

ただ、海外向けは順調のようで、インドネシアでは供給が追いつかないほど日本のAVが人気のようです。

また蒼井そらさんは中国では英雄です。

あおいそら

おもちゃはドイツで人気を集めているようです。

海外向けにエロ産業を提供している会社、またダッチワイフなどに使われているシリコン業界が良いのではないか思います。

 

それに対して風俗産業についてですが、市場としては5兆6,884億円。

出典:デリヘルの経済学

manzoku

競馬市場が3兆3280億円、ネット通販市場が6.7兆円です。

出典:経済産業省

大変大きな産業です。

日本の風俗は海外に比べて種類が多く、サービスが良いと言われています。ここにもおもてなしの心が存在しています。そろそろ日本の風俗が海外でも展開されることが近いのではないかと予測しています。

マットプレイは海外ではなく、日本独自のサービスです。今後日本の風俗が海外に進出した際、マットプレイが増え、ローション使用量も格段に増える可能性があります。

そう考えるとローションを提供する会社に注目です。

ローション

来週は、シリコン提供会社、ローション提供会社にスポットを当てて分析していきます。

 

先週のFXですが…

11,300円の損です。

ただし、現在の所、全体で53436円の損です。

損を出していたストラテージを変更し別のストラテージにしました。それは少しの利益を出してくれたのですが、どうも以前から使っているストラテージが損を出しています。

ストラテージを変更して、別のストラテージにしよます。

株の状況は次の通りです。

【商船三井】

今週は389円で1000株買い増しを実施しました。

先週の株価:382円

含み益:-10,000円

1000株買い増ししたのにまた下がりました。

ウクライナ、クリミア情勢を巡る地政学リスクのため、荷動きが停滞すると懸念があり売りに入っているようです。

ガクッと下がりました。

鉄鉱石や石炭、穀物を運ぶばら積み船市況の総合的な値動きを表すバルチック海運指数が急落したため、それに伴い落ちたようです。

平和になってください。

平和

【リプロセル】

先週の株価:966円

含み益:-152,200円

普通にさがります。

すこし、iPS細胞関連で買いが入った用ですがどうも自分の含み損分を無くしてくれるほどの買いは入っていないようです。

【セフテック】

先週の株価:349円

含み益:2,000円

理由もなく下がりました。

【トップカルチャ】

先週の株価:448円

含み益:2,400円

少し下がりました。

株だけで、157800円の含み損です。

全体で116,700円の赤字です。

損から抜け出せない状況ですね。

どうか各社様、第4Qには良い業績を出してもらい株価を上げてください。

また、毎週聞いていましたルネラジが3月を持って終了とのことです。あの「妬み」が聞けないと大変残念です。

るねらじ

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

先週の続きで、TDKとアルプス電気の株のお話

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

先週にウェアラブルデバイスのお話をさせていただきました。

今週はウェアラブルデバイス関連向けの部品を製造する可能性が高い、TDKとアルプス電気について簡易な分析をし、買うべき株なのか、買わない方が良い株なのかを判断したいと思います。

※注意:今回のブログの面白どころが、素人が株についてまじめに語っているところだけです。こいつ分かっていないのに何語っているんだよと小馬鹿にする感覚で読んで下さい。

素人

※「素人」で画像検索したら、素人もののAVと思われる画像ばっかり出てきました。日本の平和を感じます。

 

まずはTDK。

TDK   

言わずと知れた、電子部品大手です。

昨今は、車載コンデンサー、スマホ向け2次電池向けビジネスの調子がよく、ここ1〜2ヶ月間は下げたものの一年間を通すと、1.3倍程度株価を上げています。

PERは34.70で高いものの、PBRは0.94と1を切っており、割安感はあると思われます。

その他の指標を観ても収益性は高くないものの、安定性は高い会社です。

で、買いたい株価と問われれば、そこまで魅力がある方の株でもない気がします。現在スマホ向け、車載向けの電池関連のおかげでのびている会社です。スマホの売上げは、昨年、初めて前年よりも減っていたことを考慮するとスマホ向けの電池は伸びないでしょう。その伸びない分をウェアラブルデバイスで補えるかというと難しいでしょう。補えたとしても株価を大きくあげるような売上げをもたらすとは考えにくいです。

次にアルプス電気。

アルプス電気

電子部品大手で、金型の精密加工技術に強みを持ち、売上高の6割が自動車関連でしめています。

TDK同様、スマホ関連で売上げを伸ばしているため、この一年間で倍以上株価を上げています。

この一年間で倍以上、株価が上がっているため自分としてはどうしても買おうと思えない株です。何となく下がるかな〜っと思ってします。完全に初心者の見方です。

どちらにしてもTDKと同様スマホが今後、そこまで伸びないことを考慮すると買わない方向で行きたいと思います。

今回はTDK、アルプス電気2社を見てきましたが、とりあえず買わことにします。

 

先週のFXですが…

47440円の得です。

ただし、現在の所、全体で41136円の損です。

今週は損を出していたストラテージが利益を出してくれました。まだ損が続いています。来週はどうか全体で利益が出ますように!

株の状況は次の通りです。

【商船三井】

先週の株価:393円

含み益:8,000円

ガクッと下がりました。

鉄鉱石や石炭、穀物を運ぶばら積み船市況の総合的な値動きを表すバルチック海運指数が急落したため、それに伴い落ちたようです。

買い増ししようと思います。

389円で1000株買いを入れました。

上がってください。

【リプロセル】

先週の株価:1,003円

含み益:-144,800円

また下がりました。

STAP細胞論文の取り下げ提案で、株価が下がりました。

小保方さん頑張ってくださいよ。

あなたのせいでまた株価が下がってしまったじゃないですか!?

小保方さん、そろそろ割烹着を着てAV出る準備した方が良さそうじゃないですか。

MUTEKIさん、小保方さんへのオファーお願いします。

pp_72376l小保方

結構売れると思いますよ。

【セフテック】

先週の株価:362円

含み益:15,000円

この株価はほとんど変化がないです。

ここ2週間ほど変わらないです。

【トップカルチャ】

先週の株価:457円

含み益:5,100円

あんまり変わりません。

全体で116,700円の赤字です。

損から抜け出せない状況ですね。

今年の春闘は、ベアを勝ち取った会社が多くこのまま景気が上昇してほしいですね。

春闘

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る