タグ別アーカイブ: 号泣

号泣の思い出

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

どうも。春眠亭あくびです。

水曜担当なのに、今は金曜日。
「いいや。更新できなかったこと自体を今週のテーマである『号泣』にかけちゃえば」と思ってたら、全く同じ手口をむらむらめがねさんがやっていたので、別のことを書くことにする。

号泣といえば、僕の中では芸人の「号泣」だ。
手相芸人である島田秀平さんの元コンビ名。
20140711-185525-68125460.jpg

号泣がNHKのネタ見せ番組「爆笑オンエアーバトル」に出始めた頃から、僕は号泣のファンだった。
ネタはそんなに好きじゃなかった。
どっちかっていうとラーメンズとかアルファルファとかだった。
でも号泣のネタがオンエアされるとうきうきした。
理由は単純。
号泣のふたりと同郷だから。
長野県民だから。

「おれはビートたけしと同じ小学校に行っていた。どうだすごいだろう! がっはっはっは!(おならぶー)」という自慢をしてくる『公園で発泡酒おじさん』とそう変わらないけど、それでも僕は同郷としてとても誇りだった。

オンエアされれば、自分も肯定された気がしたし、オンエアされないと結構落ち込んだ。
そんなにネタは好きじゃなかったけど、でも間違いなく、僕の中で号泣はヒーローだった。
そんなにネタは好きじゃなかったけど。

高校生くらいの時までは号泣をテレビで追いかけていた。
けど大学に入ったあたりでテレビよりラジオがとひねくれ始め、そのまま社会人になったもんだから、号泣をテレビで見かけることは高校以来全くなく、そうこうしてる間に2008年に解散したそうだ。

ちょっと寂しかったけど、でもそのときは「長野県民っぽくていいな」と思った。

長野県出身のヒーローはいつもこんな感じ。
清水あきらも乙葉も鉄拳もユーザロックも猪瀬直樹もみんなそう。
なんか突き抜けない。
ヒーローになりきれない。
特定のコミュニティでひっそりやってるうちが花。
そんな感じ。

たまに島田秀平さんが出てるロフトのトークイベントにチラシを挟ませてもらっている。
後輩も後輩でひっそりとやってます。
そんな長野県民イズムが伝わったらうれしいとか思ったりしている。
まあこちらもかなりひっそりやってるので、気づかれないだろうけど。

20140711-185916-68356525.jpg

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

号泣が素直な感情表現であるコトは極めてレアな気がするのですが、盛るコトは真っ赤なウソではないと考えるならば表現手法としてはアリなのかどうなのか、考えてみた所で誰も得しないのでスルーしてみることにしました

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

おはようございます、Kj.Ackです。

今週のテーマは号泣だそうで、号泣のイメージと言えば・・・
manga
間違いなく漫☆画太郎先生な訳でして、

初期のオンバト世代であれば・・・
go9
お笑いコンビ「号泣」が思い浮かぶ訳です。

・・・

そんな書き出しはさておき、自分の人生において「泣く」はあれど、「号泣」となるとなかなか思い浮かばないものなのです。
ののむら

本当に幼い頃の記憶は曖昧ですし、大人になれば、本来ならば悲しみが全面にくるはずの事も、なんだか諦めだったり、失望だったりと、悲しみのパワーのみで号泣に持っていくことが無くなっているように感じるのです。

自分の場合、一番トピックス的にわかりやすいのは、「お酒が飲めない体になってしまったコト」でしょうか。
nonal

「お酒=食事」というような酒好き生活を送っていた為、圧倒的な悲劇だった訳なのですが、その現実に悲観し、泣き叫ぶ方向にはいかず、「お酒をやめて生きるか、お酒を飲み続ける事を選択し、比較的に若くして死んでいくことを選ぶか」という事をアルコール漬けの脳味噌で色々考える、という方向にふれたものでした。
sake

結果的に今も無駄に健康的に生きておりますので、前者を選択したことになるのですが、なんだかんだで、「痛み」というのは重要なのだな~と、ちょっと感傷にひたってみたり。
Oh my foot

気になる方?は、膵炎 痛みなどでググってみるとそれとなーくわかって頂けるのではないかと思います★
suien

さて、またまた完全に脱線してしまいましたが、幼少の頃のおぼろげな記憶を掘り起こしてみると、いくつかの号泣エピソードが、ちらほらと。

「なかなか普段は買ってもらえない、瓶に入った甘い炭酸飲料が車を降りる際に、シートベルトにつまずいて転び、割れてしまった時」

「食べたかったレンコンの煮物が売り切れで食べられなかった時」

「買ってもらったばかりのアイスクリームがすぐにコーンから落下してしまった時」

いずれも幼稚園の頃くらいまでのエピソードなのですが、ガキの頃から食い意地はってたんだなぁ~と。
kuiiji

それはそうと、なんかヘコんだ時や、落っこちた時に聴く音楽ってありませんか??

自分の場合、ある一時、上記のような感じに陥った時、Rentrer en Soiの全景色腐り果てる今、唯一…という曲はなんかループで聴いてたのをこの文章を書きながら思い出しました。
zenima

なんだか走馬灯みたいですね★

本当はYouTubeか何かで紹介したかったのですが、歌詞しか出てこなかったので、楽曲タイトルのリンクに歌詞が掲載されているサイトを設定しておきました。

まぁ、明るい歌ではないコトだけでも感じ取って頂ければ幸いです。

ついでと言ってはアレですが、Rentrer en Soiの割とやっつけ感、溢れるPVが出てきたので、はっつけておきます★

音楽性は後期の方が自分には馴染みやすかったのですが、ルックス的にはこの頃が一番好きだったかなぁ~と。

さて、とりとめのない昔話になってしまいましたが、記憶的に蓋をしているものまでなんか滲み出てきそうになってきたので、このあたりで止めておくコトにします。

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

号泣といえば織田信成だったのに

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

今週のテーマは「号泣」です。

先週はあれで一色でしたね。

あれが県議員だと思うと、日本が平和と残念を感じます。

ののむら

あの「号泣」会見を見る前、「号泣」と言えば、織田信成だと思います。

「号泣」の代名詞を取られた織田信成は、また「号泣」されるのでしょうか?

織田信成の号泣をどうぞ

 

織田1

織田4

 

織田3

織田2

 

織田5

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る