タグ別アーカイブ: 作者コメントレビュー

出たーーー!!! 作者コメントレビュー第19回

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

ギリギリのタイミングでついに来た。
どうも、竹の子ぱおぱおです。

今週のブログテーマは「号泣」。

なのですが、今日はどうしてもやりたいので久しぶりに例のアレ。
忘れた頃にやってくる。
たとえ誰も望んでなくても勝手にシレッとやってくる。
乳毛のような存在感。

作者コメントレビューをお送りします。

きむちちげ
早速ですが、週刊ヤングジャンプ2014年32号の作者コメント欄の質問は、

ついつい食べてしまう夜食は何ですか?

でした。

いや~、ついに出ました。
次週が最終回という超ギリギリのタイミングで。
作者コメントレビューを始めてからほとんど出て来なかったんですよね。

柴田ヨクサル先生の愛妻コメント。

もうね、作者コメント欄で読者の顔を赤くさせるのはヨクサル先生くらいですよ。
もうね、身体が欲しているのですよ、そんなコメントを。
もうね、夜も眠れず枕を先走りの汁で濡らしているのですよ。
もうね、おちんちんを枕に乗せるなっていうお話ですよ。
もうね、どんなアクロバティックな寝方をしてるんだっていうお話ですよ。
もうね、とりあえずパンツを穿こうかっていうお話ですよ。

それでは、紹介したいと思います。

最終回目前『ハチワンダイバー』柴田ヨクサル先生のコメント
(質問:ついつい食べてしまう夜食は何ですか?)

ヨクサル先生コメント

(〃´ x ` 〃)ポッ

これからもこんな感じで、作者コメントレビューをやっていきます。

そして来週はハチワンダイバー最終回。
楽しみです。

それでは、また来週。

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

ハチワンダイバーに出てきた扇子欲しい。 作者コメントレビュー第15回

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

短め。
どうも、竹の子ぱおぱおです。

このブログ(作者コメントレビュー)は、基本的には「のほほ~ん」と力を抜いて読んで頂きたいと思ってます。
柔らか~な気持ちで読んで欲しいのです。
包み込むような優しい気持ちで読んで欲しいのです。
亀頭を優しく包み込むおちんちんの皮のような気持ちで読んで欲しいのです。
これを読んでる皆様には是非ともおちんちんの皮になって欲しい。
そうなると僕は亀頭ということになります。
嫌です。

かめさん

それでは、作者コメントレビューを始めます。

週刊ヤングジャンプ2014年25号の作者コメント欄の質問は、

現連載作を作る上で、最も参考になった「資料」は何ですか?

でした。

まずは、月イチ連載『ZETMAN』桂正和先生のコメント。

インスピレーションを受けたのは『ケインとアベル』。

こういうコメント大好きです。
ケインとアベルの事は知らなかったのですが、興味をそそられました。

次は、『ハチワンダイバー』柴田ヨクサル先生のコメント。

常に『Zガンダム』。

ヨクサル先生はちょいちょいガンダムについて触れます。
Zガンダムは観たこと無いのですが、ヨクサル先生好きな自分としては一度観てみたくなりました。

そして次は、今週のMVS(Most Valuable 作者コメント)の発表です。

『今週のMVS』

久々に登場『嘘喰い』迫稔雄先生のコメント。

『嘘喰い』のWikipedia。

今週のコメントはダントツで迫先生が良かった。
たまにドでかいパンチを放ってきます。

それでは、また来週。

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

ヤングジャンプを後ろからこっそりと応援する気持ちで 作者コメントレビュー第14回

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

ブログって難しい。
どうも、竹の子ぱおぱおです。

このホームページ上で毎週くだらない事を書いてます。
他のメンバーも毎度毎度書いてます。
そんな中で、やっぱり方向性を探り探りしながらやってる。
僕の場合は作者コメントという土台のおかげで書きやすいですが、他のメンバーはもっと四苦八苦してると思います。
そんな試行錯誤を繰り返していると、ネタが浮かばないこともあって悪ノリをしたくなる日もあります。
先週の僕がソレでした。
作者コメントのテーマがお寿司だったので、何かお寿司に絡めた内容を書こう。
その結果として出来上がったのが、赤貝やアワビの画像を貼って本文では何も触れない。
名付けてサイレント下ネタ。
そんなセクハラ係長みたいな事をしました。

このままでは良くない!

品格が問われる!!

小賢しく下ネタをちりばめるような真似はしない!!

もっと素直に!!

立ちバック!!

立ちバック

立ちバック2

それでは、今週の作者コメントレビューを始めます。

週刊ヤングジャンプ2014年24号の作者コメント欄の質問は、

突然ですが、自分の「前世」は何だと思いますか?

でした。

まずは、『横浜線ドッペルゲンガー』玉木ヴァネッサ千尋先生のコメント。
(質問:突然ですが、自分の「前世」は何だと思いますか?)

毛布だと思います。

僕の中で玉木先生に対する興味が膨れあがっています。
作品に対しての興味も書きたいのですが、ここでは作者コメント。
何故かは分かりませんが面白いんですよね。
毎週楽しみです。

立ちバック2ミニミニ

次は、『イノサン』坂本眞一先生のコメント。
(質問:突然ですが、自分の「前世」は何だと思いますか?)

やはり絵を描いていたと思います。

やっぱり格好いい。
イノサンは絵もお話も濃密で、毎回ヤングジャンプの最後に掲載されているというのも良い。
僕は基本的に漫画については巻頭から読むタイプなので、濃密なデザートを食べる気分で読んでいます。

立ちバックミニミニ

次は、「ハチワンダイバー」柴田ヨクサル先生のコメント。
(質問:突然ですが、自分の「前世」は何だと思いますか?)

桂馬。

勝手な印象ですが、まさしく桂馬が良く似合うヨクサル先生。
攻撃に使う事が多い桂馬。
一マス飛ばした斜め前にしか進めず後退も出来ないが、他の駒を飛び越える事が出来る唯一の駒でもある。
なんかハチワンダイバーそのものって感じがする。
格好良いコメントでした。

立ちバック2ミニミニミニそして次は、今週のMVS(Most Valuable 作者コメント)の発表です。立ちバックミニミニミニ

『今週のMVS』

「テラフォーマーズ」作:橘賢一先生のコメント。
(質問:突然で立ちバック2ミニミニミニすが、自分の「前世」は何だと思い立ちバックミニミニミニますか?)

性欲の強い何か。

作者立ちバック2ミニミニミニコメントレビュー14回目にして、性欲の強い作者枠が立ちバックミニミニミニ誕生しました。
テラフォーマーズ立ちバック2ミニミニミニは漫画そのものはもちろんですが、作者のお二人にも立ちバック2ミニミニミニ要注目立ちバックミニミニミニです。
それにしても、立ちバック2ミニミニミニ作者コメント欄で立ちバックミニミニミニ「性欲の強い何か」という立ちバック2ミニミニミニ言葉立ちバックミニミニミニを目にするとは立ちバック2ミニミニミニ立ちバックミニミニミニいません立ちバック2ミニミニミニでした。

それでは、また来週。

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

作者コメントレビューお休み回

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

ゴールデンウィークのお休みはバラバラ。
どうも、竹の子ぱおぱおです。

今週はヤングジャンプがお休みのため、作者コメントレビューもお休みします。

ゴールデンウィーク真っ直中の今日この頃。
皆様はいかがお過ごしですか?

旅行してますか?

それとも、遊びに行ってますか?

もしくは、お家でゆっくりしてますか?

はたまた、お仕事してますか?

僕はこれから、おちんちん的なお話をします。

ゴールデンウィーク真っ直中の今、おちんちん的なお話をします。

まずは、こちらの画像をごらんください。

チンチン↓

チンチン(バラ)

チンチン(バラ)説明

チンチン(バラ)3

とっても綺麗なチンチンの画像(モザイクなし)でした。

今週は、チンチンの事が大好きな紳士淑女の皆様へ向けて書いています。
チンチンの似合う女性は美しいですよね。
片手で優しくチンチンを握りしめながらこちらを見つめてほしい。

そしてここからはチンチン好き必見。

最も美しいチンチンの画像を決める

ベリー・ベスト・オブ・チンチンピクチャー

をお送りします。

まずはこちら↓

チンチン(バラ)2

太陽の光を浴びた美しいチンチン。

とても健康的です。

このチンチンは元気で明るい女性に似合いますね。

次はこちら↓

チンチン(バラ)4

濡れた姿が美しい真っ赤なチンチン。

艶めかしく濡れた濃い赤色で、力強さと妖艶な美を兼ね備えています。

このチンチンは、情熱的なセレブに似合いますね。

次はこちら↓

チンチン(バラ)8

柔らかな衣を身にまとう、つぼみのチンチン。

上部から滴り落ちるように濡れていて、優しい美しさが溢れています。

このチンチンは包み込むようなオーラを持った本物の淑女に似合いますね。

そして、最後はこちら。
この画像をベリー・ベスト・オブ・チンチンピクチャーに選びました。
その名に恥じぬ美しい構成で、空気までをも感じる事が出来ます。
それでは、ごらんください↓

チンチン(バラ)10

ちんちん電車と沢山のチンチン。

外を眺める乗客達の笑顔が目に浮かびます。

このチンチンは、全ての女性に相応しい。

いかがでしたか?
ありとあらゆる美しいチンチン達に心が洗われるようです。
ゴールデンウィークにとても相応しい内容だと思います。
皆様の心にも一本の美しいチンチンが宿りますように。

(合計「チンチン(ちんちん)」数:22)

それでは、また来週。

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

妖怪少女-モンスガ-のお色気にやられ、キングダムの展開の上手さにやられ、ハチワンダイバーの熱さにぶっ飛ぶ。あと、おちんちん。 作者コメントレビュー第12回

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

どうしよう。
どうも、竹の子ぱおぱおです。

いきなりですが、今週のヤングジャンプは合併号でした。
一人の読者としては、大好きな週刊漫画雑誌が一週お休みというのはとても残念です。
出版社の方々や作家さんが休むためだったり、印刷会社等の都合もあるのだろうし致し方ないとは思うのですが、やはり残念。
ハチワンダイバーがとても盛り上がってきたので早く続きが読みたい。
妖怪少女-モンスガ-もキャラをコマから飛び出させる演出がパンチラと相性良すぎだし、来週の作者コメントレビューをどうしようか考えてないし、キングダムも展開が動き始めてワクワクするし、始まったばかりのリクドウも良い感じだし、来週の作者コメントレビュー困ってるし、ねじまきカギューがジュルジュルグルグルしまくりだし、来週の作者コメントレビューどうしよう。

来週は題材そのものがないので、最初から最後までおちんちん的なお話になります。
インターネットという大きな海に無駄なおちんちんが放流されます。
大海へと放たれたおちんちんが数年後には自我を持ち始め人々を襲います。
その時になって始めて気がつくであろう、「あの時に合併号さえ無ければ!」と。
愚かな人間どもめ!!
ガーッハッハッハッハ!!

こんなファンタジーな責任転嫁をするくらいにネタがありません。

兎にも角にも今週の作者コメントレビューです。
週刊ヤングジャンプ2014年21,22合併特大号の作者コメント欄の質問は、

もうすぐ行楽シーズン。一度乗ってみたい「乗り物」は何ですか?

でした。
まずは『仮面ティーチャーBLACK』藤沢とおる先生のコメント

榊原機械株式会社のウォーカーキャリア型の二足歩行ロボット「ランドウォーカー」。

コレ↓
ランドウォーカー

こんなすごいものがあるんだぁ~、という驚きもありましたが、作者コメントの文字数の多さのほうが驚きました。
いきなり漢字が8文字も続くし。「木」偏の漢字がドン、ドドドンと出てくるし。

次は、『ハチワンダイバー』柴田ヨクサル先生のコメント

汽車で北海道をまわりたい。

最近はめっきり愛妻コメントの出ないヨクサル先生ですが、少しだけそれを感じさせるようなコメントが。
そして早く特大の愛妻コメントをぶっ放してほしい。
先々週号のハチワンダイバーで、
「オッパイを一揉みすれば階段を後ろ向きに降りるように一歩下がり100揉みすればただの人間まで堕ちる。」
という名言を生み出したヨクサル先生の作者コメントに期待大です。
(それにしてもハチワンダイバー熱い)

そして次は、今週のMVS(Most Valuable 作者コメント)です。

『今週のMVS』

『ねじまきカギュー』中山敦支先生のコメント。

デロリアン。ラクダ。戦車。ファルコン。魔導アーマー。

一つのコメントで複数を挙げる事が多い。これが中山先生の特徴です。
趣味だったり好きなものが凄くよく分かり、今回の作者コメントはそれがとても表れています。
そして僕もデロリアンに乗りたい。この一点のみでMVS。
コメントを読んだ瞬間に、バック・トゥ・ザ・フューチャーが観たくなりました。
こういうのも作者コメント欄の楽しみの一つ。
今までも、作者コメントを読む事がきっかけとなって知識の幅が広がったり、面白い映画や本やゲーム等を知ったことが多々ありました。
なんか、うまく説明出来ませんがこの「面白さの発見が繋がっていく」感じがとても好きです。
この作者コメントレビューでも、読んでくださる方へ少しでも面白さの発見が繋がっていければ良いなぁ~と思っています。
来週はおちんちん的な話ですが。

「おちんちんを一揉みすれば階段をゆっくりと昇るように一歩上がり100揉みすれば天まで昇ったのちただの人間まで転げ堕ちる。」
こんなのばっかりになると思います。

それでは、また来週。

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る