タグ別アーカイブ: ヤンジャン

今週の作者コメント欄はウルトラ充実 作者コメントレビュー第17回

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

カギュー終わっちゃう。
どうも、竹の子ぱおぱおです。

来週は、ねじまきカギューが最終回です。
好きな連載の中の一つだから寂しい気持ちもありますが、挑戦的な展開や演出も多々あった作品ですので、どのような終わり方をするか楽しみです。

それと、モンスガ。
今週号でどのような漫画なのかが見えてきました。
今回のろくろ首のように、妖怪の特徴を生かした武器として憑依(?)した仲間と共に戦うバトルもの。
こういう設定大好きです。

そして、キングダムがお休みで残念。
もう少し話が進んだら、大好きなファルファルおじさんが活躍する展開になりそう。
ただ僕は、今回の戦で武勲を挙げた信が元王騎軍でもあるファルファルおじさんの部下達を率いる事になる。と、予想しています。
もしそうなったらファルファルおじさんは・・・。
ファルファルおじさんが何のことか分からない人は、キングダムの単行本を読んでください。
たぶん、思ってる以上にファルファルしてます。

ファルファル

それでは、今週の作者コメントレビューを始めファル。

週刊ヤングジャンプ2014年27号の作者コメント欄の質問は、

衣替えの季節!(鑑賞目的で)好きな服装・コスプレは何ですか?

でした。

どうやら僕は、『鑑賞目的』という言葉が持つニュアンスのせいなのか、下ネタ方面で考えてしまう体質なようです。
コスプレという単語も、エロをメインに捉えてしまいます。
それはちょっとどうなのかなぁ~と我ながら思う時もありますが、ヤングジャンプ連載作家の面々の中にも、同じような体質の方々がいらっしゃるようです。

大変心強い。

天下のヤンジャンを勝手に味方につけたところでコメントに移ります。

まずは、『バルセロナの太陽』村上よしゆき先生のコメント

裸エプロン!

力強い素晴らしいコメントでした。
「裸エプロン」に感嘆符が付くと、もの凄くテンションが高く見えるという発見もありました。

次は、『横浜線ドッペルゲンガー』玉木ヴァネッサ千尋先生のコメント

裸に葉っぱです!

作者コメントレビューでは殿堂入りする勢いの玉木先生。
未だにどんな人なのか未知の部分は多いですが、僕の中で好感度がさらに上昇しました

次は、『妖怪少女-モンスガ-』ふなつかずき先生のコメント

鑑賞目的!?ミニスカショーパンニーソスク水メイド裸エプロン。

ふなつ先生は毎回長めのコメントをするのが特徴なのですが、今回は単語の弾丸を乱れ撃ちしてきました。
僕的にはスク水が一番破壊力ありました。

次は、『テラフォーマーズ』作/貴家悠先生のコメント

最後まで着てさえいれば、何でも楽しめます。

良くぞ言ってくださいました貴家先生。
完全に同意します。

次は、MVS(Most Valuable 作者コメント)の発表です。
貴家先生のコメントも悩みましたが、この先生です。

『今週のMVS』

『嘘喰い』迫稔雄先生のコメント

ウルトラの母。

ウルトラの母

めちゃくちゃ笑いました。
なんか迫先生は、作者コメントを大喜利のような感じで楽しんでいるフシがあります。

『ハチワンダイバー』柴田ヨクサル先生のコメント
ライダーマン。

『LIAR GAME』甲斐谷忍先生のコメント
ドラえもん。

も、その意味で凄く良かったのですが、ウルトラの母はエロ要素だけで捉えたとしても分かるのでMVSに選びました。
ウルトラの母で性に目覚めた青少年は沢山いると思います。

ウルトラの母2

今週の作者コメント欄はお笑い要素として超充実してました。

それでは、また来週。

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

2014年3月度 殿堂入り記事

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

2014年3月の記事で、面白かったものを春眠亭あくびがピックアップして、再度ご紹介いたします。

それでは参りましょう。

クズリーマン日記(月) 株・FX・風俗日記(ヒロセ精米店)

エロ産業から見る株パート2

オカモト

東京オリンピックによって、配布されるコンドームの出来の良さに外人が買い漁るのではないかという見事な分析が光ります。

クズリーマン日記(火) 女性芸能人・番組・書籍批評 (Kj.Ack)

弾けないバブルはない!?リケジョ(理系女子)の異様な評価高を華麗にスルーするには~彼女ハ、アノ頃、偽リノ華ダッタ・・・

rikejo04

アックさんらしい、丁寧な言葉づかいの中にも毒を忘れない、腹黒さが際立つ文章です。

クズリーマン日記(水) サラリーマン讃歌 マンガラブコメレビュー (春眠亭あくび)

サラリーマンなら、とみさわ千夏「ドキドキの時間」を読んで「受入力」を磨け!

IMG_2148

この画像に衝撃をうけ、これはみんなにも知ってもらわなければという思いで、頑張って書いた記事です。

クズリーマン日記(木) ゲーム・ごちそうさんレビュー (むらむらめがね)

内定の秘訣は妖怪ウォッチにあった!

スクリーンショット 2014-02-27 0.07.22

セミまるのあたりが、切なくて良かったです。

クズリーマン日記(金) 作者コメント欄・パズドラすりすりレビュー (竹の子ぱおぱお)

ヤングジャンプ新連載「妖怪少女-モンスガ-」に期待を込めつつ 作者コメントレビュー第5回

妖怪少女扉絵

僕、春眠亭あくびも大好きな、ふなつかずき先生の新連載について触れています。ディアゴスティーニのくだりが好きです。

クズリーマン日記(土) 流行・ニュースに噛みつく (ぽんぽこきつね)

6噛み目~明日香キララのおっぱいが最強。AKBの峯岸と柏木の三人で合コン行ったらしいが、バランスわりぃな

40c4b682_320

当初、いろんな人に噛みついて、最後は無理やり理屈をこねて勝つというブログテーマだったのですが、割とあっさり負けるという衝撃展開を見せました。

ククズリーマン日記(日) 百合レビュー (ねこびる)

【百合レビュー】女児向けだからといって容赦はしない【プリキュア】

precure02

女児向けアニメのプリキュアが、なぜ大きなお友達に人気があるのか、わかった気がします。

クズリーマンラジオ

ニュース:バンジー婚活、カップル成立率がやたら高い(週刊新潮)

しょーもないけど、意外によくできた企画だと思います。

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

「剣光妃」で性別詐称からの潜入展開!僕らサラリーマンならエビデンス集めに注力するのにな

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

どうも。春眠亭あくびです。

1週間かけてようやくいらない書籍の整理が終わりました。
本好きにとって一番の苦痛が、「書棚がぱんぱんなので本を捨てなければならないとき」です。

まあ本当に必要なときは古本で買い戻せばいいんですよ。
頭ではわかってるんです。
でも、いざ捨てる時のストレスといったら、もうすさまじいのです。

たくさんの本から必要なものだけを残し、外れた本をなくなく捨てるというこの作業。
たぶん、ヤリマンが本命君、キープ君、用済み君の三種類にアドレス帳を整理する作業と同様なのではないでしょうか。
そういう意味では僕とヤリマンが間接的につながったわけであり、それは一種のセックスと言えなくもなく、ということはつまり僕もヤリチンの仲間入りということになります。
うぇーい、セックスばんざーい。
ct7hic1lzuA
※ヤリチンの画像検索ででてきたもの

まあヤリマンと違い、僕の場合は捨てるという選択しの他に「書籍の電子化」ってのがありまして。

images

こいつのおかげでかなり捨てるストレスが減りました。
今は必要はないけど今後使うかもっていう書籍は、問答無用で電子書籍化です。

まあ電子化したところで読み返すことはほとんどないんですが、とにかくストレス軽減にはもってこいなのです。
ということで世の中には、「電子化セットのレンタルサービス」なる便利なものがあって、そいつを使ってせっせと電子化しまくりました。

100冊。

馬鹿かと。
裁断しすぎて腱鞘炎になるわ。
でもグルメ系雑誌はデジタル化した方が検索性があるしいいかもな、と自己肯定をしたところで本題へ。

今日もマンガやアニメや小説おける苦難の状況をとりあえげて、頼まれてもないのに「サラリーマンの俺たちならこう解決するのに」っていうコンサルをしていこうと思います。

今日取り上げるのは、このブログではお初。
週刊ヤングジャンプ(ヤンジャン)の新連載、野口こゆり先生の「剣光妃」です。

IMG_2274

IMG_2276

大正ロマン漂わせる世界観での、バトルモノって感じでしょうか。
たぶん蒸気機関のメカがたくさんでてくるのでしょう。
わくわくします。
また美麗なイラストにも釘付けになります。

ですが。
僕は騙されませんよ。
一見バトルモノにみせかけて、その実このマンガのメインはずばり「ラブコメ」です。

まずは、かわいすぎるヒロイン、秋山まいかちゃん(17)をご覧ください。

IMG_2231

IMG_2233

IMG_2236

IMG_2239

IMG_2240

IMG_2241

はい、かわいいですね。
貧乳じゃないのが気になりますが、お転婆ショートカットってのはいい線いってます。合格です。

そしてこのヒロインですが、突然襲われ、そこをなんか強い人に救われ、その人が行方不明のお父さんのことを知ってたので、その強い人が所属する部隊に「男と偽って」入隊しようとします。

もう簡単に想像つきますよね。
性別を偽って軍隊という男性社会に潜入するということは、

お風呂に!
2007img216
※画像はToLoveるのもの

トイレに!
a277ac69d7d3b9594ea01be0fbd8aa9193d9d796.84.2.9.2
※画像はToLoveるのもの

もう四六時中ラブコメし放題なのです!ひゃっはー!

さて、一通り気持ち悪いところを発散したところで、本題に。

ヒロインの秋山まいかちゃん(17)は、最初行方不明のお父さんの所在を軍隊に問い合わせに行きます。
そして、返ってきた答えは「そんなやつは所属していない」というものでした。
そんで真相を探るために、性別を偽って軍隊に潜入という流れでした。

立場が強い人間から筋の通らない主張をされた際に、どのような戦い方をするか。
このヒロインは潜入というリスクの高い選択をしたわけですが、僕たちサラリーマンからすると、もっと他の方法があるのではないかと思うのです。

立場が上の人間と交渉する場合は、エビデンス集めが必須

このヒロインが戦っているのは、軍隊です。
もう少し言うと、国です。
つまり、立場が極端に上の人間たちとやりあっているということです。

かくいう僕たちサラリーマンも、さすがに国とやりあうことはないですが、立場が上の人間とはよくやりあいます。
それは、お客様です。
お客様はお金を払う立場になるので、もちろん立場は上です。
こういった方から、「そんなの聞いてないから返金しろ」とか、「誠意をもって返金しろ」とか、「返金はもちろん、稼ぐ予定だった金額を保障しろ」とか、そういった要求を受けることがよくあります。
そういった場合、愚直にやりあっても負けは目に見えています。

ではどうするか。
我々サラリーマンは、エビデンス(証拠)集めを徹底的に行ってから交渉に臨みます。

例えば返金の話であれば、契約時に両者で締結した契約書(相手のサイン入りが望ましい)を持ち出し、「お客様のお気持ちも、もっともですが、何分こういった契約でお客様もご納得いただいておりますので」と話をすると、先方も強く言い出しにくくなります。

今回の場合、お父さんが軍部に所属していないと言われた時点で、まず素直に帰宅すべきです。
家に帰れば軍部から振り込まれた給料明細や任命書、軍服購入時の領収書、軍の名前が入った封筒など、何かしらの痕跡があります。
こういったエビデンスをまず集めてから交渉をすれば、無下に扱われることもなかったでしょう。

そのままの君でいて

と、ここまでエビデンス集めの必要性を説いてきました。
が、秋山まいかちゃん(17)はエビデンス集めをしなくてよいです
このまま、リスクの高い潜入という方法をとってください。

だって、女の子なのに男風呂入るシーンとかいまから楽しみなんだもの!
さらしがほどけて目をまん丸く赤ら顔するシーンがが今から楽しみすぎるんだもの!

IMG_2234
ああもうかわいいなぁ!   

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

2014年2月 殿堂入り記事

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

2014年2月の記事で、面白かったものを春眠亭あくびがピックアップして、再度ご紹介いたします。

それでは参りましょう。

クズリーマン日記(月) 株・FX・風俗日記(ヒロセ精米店)

小保方さん発見STAP細胞で株価乱高下

小保方<br /><br />
STAP細胞

「もしも小保方さんがデリヘル嬢だったら」という、斬新な切り口での論説が見所です。

クズリーマン日記(火) 女性芸能人・番組・書籍批評 (Kj.Ack)

保険のお姉さん!?足立梨花はふなっしーに続くことができるのか?

足立梨花

あだっちーがふなっしーに響きが似ているという、たったそれだけの情報量で記事をでっち上げてしまうKj.Ackさんに、皆が脱帽することでしょう。

交響曲第1番《HIROSHIMA》が現代典礼で、佐村河内守氏が新垣隆氏なのナノ!?

samura01

当時、このブログでトップの検索流入数をほこったのが、この記事です。このニュースが世に出た数時間後には記事になっており、しかも内容はスカスカ読みやすい感じという、いかにもSEOを意識しましたっていう記事が逆に潔くて好きです。

クズリーマン日記(水) サラリーマン讃歌 マンガラブコメレビュー (春眠亭あくび)

ニセコイ(少年ジャンプ)の小野寺小咲ちゃんがお風呂に口元まで浸かって「ぷぴぺぷ(好きです)」って言うシーンが可愛すぎるぅぅうう!!

20140211-211425.jpg

手前味噌ですが、僕の気持ち悪さが如実に現れていて、とてもよい記事だと思います。

ラブコメ漫画家は全員、とみさわ千夏「ドキドキの時間」から大人の駆け引きを学べ!
image

ラブコメと言い張って劇画のレビューを載せたら、なぜかトップアクセス数を記録したでござる。

クズリーマン日記(木) ゲーム・ごちそうさんレビュー (むらむらめがね)

海外ゲームで英語をスイスイ学んじゃおう!(FLAPPY BIRD 編)

Evernote Camera Roll 20140219 002226

ゲームばっかりやってるダメなサラリーマンっぷりが見事に出てて、大変僕は好きな記事です。

クズリーマン日記(金) 作者コメント欄・パズドラすりすりレビュー (竹の子ぱおぱお)

ヤングジャンプ連載陣の個性が凄い

ヤングジャンプ10号表紙

ヤンジャン巻末の「作者コメント欄」をレビューするという、あまのじゃくな竹の子ぱおぱおさんらしい連載。その第一発目の記事です。注目の作家さんをピックアップしているので、この記事を読んでから連載を追うと、より楽しめます。

ビットコインとかマウントゴックスとか言われても僕には漫画やアニメの言葉にしか聞こえない 作者コメントレビュー第4回

「マウントゴックスがモビルスーツっぽい」という一点突破なのにおもしろい。相当笑いました。うむじゃねーよ。

クズリーマン日記(土) 流行・ニュースに噛みつく (ぽんぽこきつね)

2噛み目~羽生は美しいが母乳も美しい~

o0333045012670444510

本当にクソみたいな記事で、人生において何にも役に立たない感じが大変よろしいです。読んだ後、極度の虚無感に襲われます。エンターテイメントはこうでなくては。

ククズリーマン日記(日) 百合レビュー (ねこびる)

【艦これ】美人系ガチレズ大井っちとノンケの北上様

Shot

そこそこサブカルには詳しいと自負していた僕ですが、これは初めての世界でした。用語がBLと同じなのもまた驚き。あなたも百合の世界をのぞいてみませんか。

クズリーマンラジオ

ニュース:「元総理」細川護煕、実は陶芸家としてかなり優秀だったことが判明

2月で一番驚いたニュース。バカ殿のイメージが一気に良い方向に流れました。

企画:エロストラックアウト ~王様のブランチレポーター陣の中から「ヤレる女」を当てろ!~

これはよい新企画。僕らのイベントを面倒見てくれていた、プロデューサーの宇空さんと収録した思い出の番組。ブランチレポーターをどんどん汚していく感じもグッド。

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

ヤングジャンプ 玉木ヴァネッサ千尋先生が気になる 作者コメントレビュー第6回

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

ヤングジャンプに激おこぷんぷん丸。
どうも、竹の子ぱおぱおです。

今週はヤングジャンプに関することで、ぷんスカと怒っています。

ですが、

その話の前に、「激おこぷんぷん丸」について少し。
ファースター怒りの銃弾
(画像はイメージです)

「激おこぷんぷん丸」とは、少し前に流行った怒りを表現する言葉です。
テレビで紹介されたこともあるので、知っていたり使っていたりする人も多いかと思います。
そんな「激おこぷんぷん丸」には段階活用が存在しているのです。
主に下記のように使います。

おこ
ファースター怒りの銃弾2



激おこ
ファースター怒りの銃弾3



激おこぷんぷん丸
933452 - Faster

というふうに使います。
そうなんです。
最近は、語呂が良くて可愛いフレーズが流行るのです。
今さらながらですが激おこぷんぷん丸という言葉を気に入り出しているので、僕も語呂が良くて可愛いフレーズを考えました。

オナ
テンガ



床オナ
OLYMPUS DIGITAL CAMERA



床オナぱんぱん丸
床オナぱんぱん丸

うむ。
語呂が良くて可愛い。
使い方としては、

「あ~も~、今日はマジで床オナぱんぱん丸だよ~。」

と、いったところでしょうか。
あと別のフレーズも考えたのですがそれで言えば、

「あっ、ダメ、そんなに激しくしたら激しおぴゅうぴゅう丸だよ~。」

というように、皆さんもぜひTPOに合わせてお使いください。

それでは、ヤングジャンプに関する激おこぷんぷん丸について。

僕はいつものように楽しくヤンジャン最新号を読んでいました。
キングダムがお休みなのは残念だけどやっぱりハチワンダイバー面白いなぁ~、という感じで。
その中でふと、アンケートハガキの質問事項に目が止まりました。
その質問事項とは、

今週の「週刊ヤングジャンプ」15特大号で、面白かった作品ベスト3を、以下の選択肢より選んで記入してください。

で、その選択肢の中には、各連載作品やグラビアや特集記事があるのに、

作者コメントが無い!!

激おこぷんぷんぷんぷんぷんぷんぷんぷんぷんぷんちょろぷんぷんぷんぷん丸!!

怒りのあまり途中でお漏らししてしまいましたが、これは由々しき事態です。
他の選択肢としてプレゼントページや表紙までもが挙がっているのに作者コメントは無い。
アンケートハガキに作者コメントが載るためにも、頑張って作者コメントの楽しさを伝え続けていきます。

それでは、今週の作者コメントに移ります。

週刊ヤングジャンプ2014年15号の作者コメント欄の質問は、

今までで一番ハマッた「ゲーム」は何ですか?

でした。
もう、この質問の時点でワクワクしました。
各作家さんの一番ハマッた「ゲーム」が何なのかを読むことが出来る。
そしてやっぱり楽しく読めました。
ほとんどの作家さんがいわゆる「テレビゲーム」を挙げるなか、トランプや鬼ごっこのような「ゲーム」を挙げる人もいて、とても興味深かったです。

そんな中からいくつかご紹介します。

もはや僕としては作品だけでなく作者のファンにもなっていますが、『ハチワンダイバー』愛妻家ヨクサル先生のコメントは、

「サムドラ」。もし中学生なら怒られる程、課金しました。

なんかもうこの作者コメントレビューを読む限りでは、愛妻家の欠片も無いただのゲーム好きな人みたいな感じになってますね。
ファンとしては大変不本意です。
若い頃の奥さんの写真をパソコンの壁紙にしている人ですよヨクサル先生は。
作者コメント欄で読者の顔を赤くさせるのはこの人だけ。

続いて、連載作品がまたまた凄いほうへ動き出した『イノサン』坂本眞一先生のコメントは、

学生の頃、「UNO」にハマりました。

坂本先生についても、作品だけじゃなく作者本人にとても興味があります。
今回の作者コメント欄の中で数少ない「テレビゲーム」ではない「ゲーム」を挙げた人でもあります。

そして今週のMVS(Most Valuable 作者コメント)を発表します。

『今週のMVS』

現在のヤングジャンプ作者コメント欄における最注目なこの先生。

『横浜線ドッペルゲンガー』玉木ヴァネッサ千尋のコメント

「ポコペン」です。

もはやボケなのかどうかよくわからない。
たぶん、質問内容を無視して答えた時のコメントが強烈すぎました。
ちなみにポコペンとは、僕は知らなかったのですが缶蹴り鬼のようなルールの遊びです。
そんな玉木ポコペンヴァネッサ千尋先生の今後のコメントに注目です。

それでは、また来週。

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る