タグ別アーカイブ: バトルえんぴつ

2014年4月度 殿堂入り記事

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

2014年4月の記事で、面白かったものを春眠亭あくびがピックアップして、再度ご紹介いたします。

それでは参りましょう。

クズリーマン日記(月) 株・FX・風俗日記(ヒロセ精米店)

HE IS BACK!!!!!!

Back

少年漫画の連載再開により、大いにテンションがあがる30代男性をご覧ください。

クズリーマン日記(火) 女性芸能人・番組・書籍批評 (Kj.Ack)

ZIP!リポーターの堀田茜さんを眺めていたら、ZIPドライブの事を思い出してしまいました。

堀田茜

ZIP⇒ZIPドライブという脊髄反射で、ここまで記事を書いてしまうすごさ。

クズリーマン日記(水) サラリーマン讃歌 マンガラブコメレビュー (春眠亭あくび)

「ノーゲーム・ノーライフ」の主人公たちよりサラリーマンの方が強い

この記事をアップした2014/4/23、無事第一子が産まれました。大事な夜にこんなウンコみたいな記事を書いている人がいるんだと思うと、よりグッとくるものがあるかと。

クズリーマン日記(木) ゲーム・ごちそうさんレビュー (むらむらめがね)

バトルえんぴつメモリーズ

20140425-000242.jpg

こういうノスタルジー系の記事は好きです。

クズリーマン日記(金) 作者コメント欄・パズドラすりすりレビュー (竹の子ぱおぱお)

妖怪少女-モンスガ-のエロさと魚介類と植物と 作者コメントレビュー第10回

蛤

蛤女房のくだりがとてもよかったです。

クズリーマン日記(土) 流行・ニュースに噛みつく (ぽんぽこきつね)

7噛み目~サクラサク・サクラチル・ハナビラビラ~

up_92554

このころからぽんぽこさんは記事をさぼるようになりました。

ククズリーマン日記(日) 百合レビュー (ねこびる)

【初音ミク】ネギトロ(百合)とは何を指す隠語なのか?

negitoro03

百合の世界は奥が深い。

クズリーマンラジオ

コラム:発熱が下がらない病気になりまして

約二年ぶりの復活を果たした、老舗ポッドキャスト番組。

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

バトルえんぴつメモリーズ

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

先週言ったとおり、バトルえんぴつの話をしたいと思う。

たしか小学6年の夏だった。
定規飛ばしという、定規をペンではじく遊びが、10分間の休み時間を最高に有意義に使う方法だった。
そう、もちろんそれはバトルえんぴつが登場するまでのこと。

バトルえんぴつ(バトエン)を初めに持ってきた奴は、塾に通っていたやつだ。
塾でブームになったのを輸入してきたわけだ。

みんな大好きドラゴンクエストのキャラが描かれていることや、サイコロのように転がすだけという覚えることの少なさからまたたくまにブームになった。

ギミックもよかった。
戦いの中で一回使えるホイミンのサイコロ消しゴム。二回攻撃ができるはやぶさの剣えんぴつキャップ。
うまいこと文房具になっていた。
だから学校にも堂々と持ってこれた。

また、ドラクエ1のボスである竜王が巨大なバトルえんぴつとして出てきたときは、今のモンハンのように、みんなで竜王を倒すという遊びをしていた。

しかし、たくさんのバトエンがリリースされてくると、どうしても、こいつが強い!というのが出てきた。
そうなると、やはりたくさんバトエンを持っている奴がどうしても戦略を立てやすいので強いという状況になってしまった。

そして、秋。修学旅行の季節。
担任の先生がこんなことを言い出したために、
急速にバトルえんぴつの時代は終わる。
「削ってないゲームの鉛筆はおもちゃとして、没収するからなー」
これにて終了である。
そう、バトルえんぴつプレイヤーの大半は削らずに大切にするタイプだったのだ。
削らないプレイヤーは少数残っていたが、ゲーム人口が一気に減ったためにすぐに収束してしまった。

ゲームのブームはまた6年B組から消えてしまった。先週の将棋とは違い、ゲーム外の要因でゲームの火が消えてしまったのだった。

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

王手!ゲームの街に行ってみた

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

ついこの前に、山形県は天童市に行ってきました。
天童市と言えば将棋の駒で有名なのです。地域の振興も将棋の駒に頼っている感じがすごいです。ポストの上に意味もなく駒のオブジェが置いてあったり、歩行者用通路に詰将棋があったり。

外国の将棋ファンぽい人も数人見かけました。
お土産もそんな人達をターゲットにしているのか、将棋の駒に「忍」と力強く書かれたアクセサリーがありました。
思わず買ってしまいそうになりましたが、その隣に「アイラブ天童」の駒があったために冷静な気持ちを取り戻してやめました。

話を将棋自体に変えます。
将棋は小学生のときに羽生さんのブームがありました。同じような体験をした人も多いと思います。
クラス内で休み時間や放課後に将棋で遊び、詰将棋や米長邦雄さんの本なんかを読んだりしたものです。クラスの中ではそれなりに勝てるようにはなっていた記憶があります。
しかし、それも長くは続きませんでした。
数週間なのか数ヶ月なのか、どんな期間だったのかは忘れましたが、いつのまにか学校で将棋をする人は少なくなっていました。
あいつに勝てないしやりたくないよ状態になった人を救う仕組みがあれば違ったのかなと今は思います。

その後学校でクラス中で流行したものといえば、バトルえんぴつ(通称バトえん)という、専用の鉛筆をサイコロのように振って対戦するゲームでした。
これは将棋と違ってお金を持つものが勝つゲームだったわけです…。
次週(4/24 木)につづく。

むらむらめがねでした。

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る