タグ別アーカイブ: コマン

Yeah!めっちゃホリディとLinuxについて

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

ども。春眠亭あくびです。

先日、DJ急行さん主催のクラブイベント「Anthem Tuesday」に行ってきました。

洋楽邦楽の有名曲だけで構成されたもので、僕のようなNo music 普通にLife でお馴染みの音楽無関心男でもかなり楽しめました。特にモノブライトの出口さんが「TAKE ME HIGHER」かけたときは、会場が揺れましたね。

で、そんなかで松浦亜弥さんの「Yeah!めっちゃホリディ」がかかりまして。なぜかフリを完コピしてる女性客がいて、それはそれは盛り上がったんです。で、なつかしいなと思い、歌詞を検索してちょっと気になった部分があります。

サビ前の部分です。

「たまにはセンチに  なっちゃう時もある  でもやるのさ  なんとかかんとかね!   i@yume ../ 」

あい!ゆめ!どっとどーっとスラーッシュ!

のとこ。

これ、気付かなかったけどLinuxのコマンドですよね。

まずi@yumeのところ。

これ、yumeっていうホスト名のサーバーに、iっていうユーザーでログインしてるって意味ですよね。

ってことは、今はiユーザーのホームディレクトリ(~と表現されます)にいますよね。

で、../は、cdコマンドと組み合わせることで、ひとつ上の階層に上がるという意味ですよね。

つまり、正確には以下の状態になると推測されます。

i@yume : ~ $ cd ../

このコマンドの結果は、以下の状態。

i@yume : /home $

/homeディレクトリに移動したことになります。

ということはですよ。

あい!ゆめ!どっとどーっとスラーッシュ!の結果は、「/homeディレクトリに移動した」ということになります。

同じように、2番のtoki@meki ../についても、結果は「/homeディレクトリに移動した」になります。

つまり!

愛も!夢も!トキメキも!

全てはホームに還るということです!

 

は?

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

Powershellムカつく

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

ども。春眠亭あくびです。

ずっとPowershellでイベントログの取得・整形スクリプトを開発してます。

PowershellはWindows標準語のCLIツールです。コマンドベースでスクリプト開発ができます。

もうね、こいつがまあ挙動がファンキーすぎてムカつくのなんのって。

変数にオブジェクトを格納しても、それをうまくファイル出力できない。変数に型を指定しなくていい、ユーザーフレンドリーなCLIかと思いきや、一度ハマるとデバッグにすげー苦労する。初心者歓迎っぽい感じなのに、本気で使いこなそうとするとめちゃくちゃなスキルが必要になるというあたり、さすがMicrosoft製です。

という愚痴を思いっきりしたいのですが、どなたか練馬の安居酒屋でお相手してください。

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

MacBookAirでタタタターン!

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

ども。春眠亭あくびです。

昨日は色々とやりました。午前中は近所の餅つき大会へ息子と2人で参加。幼児に餅を食わせるという攻めの子育てが炸裂。息子を寝かせて自分も昼寝。

夜は下町ロケット始まるまでさくらのVPSの設定。1年前はコマンドリファレンス見ながら人差し指で「えるえす、すぺーす、はいふんえー」と打ってたのに、今ではかっこいいMacBookAirでタタタターンとコマンド打ってます。オレ、かっけー。やっぱり慣れだね。御託はいいからコマンド打ちまくるのが一番だと思います。

そんで下町ロケット鑑賞。すげえ良かった。談春師匠の顔芸に磨きがかかっててとても良い。杉良太郎さんかっこよすぎ。ただ、いくら大企業の社長だからって、ニヤリとしながら「あの男に賭けてみるか」なんて臭いセリフ、幹部会議の場で言いません。

以下告知。2015/11/24(火)20:00〜 新宿ロフトプラスワンでやる「シバテレビpresents 柴田名人のチャット百人組手」にゲスト出演します。我々は集団芸枠として、劇場型チャットナンパを披露します。よろしければぜひ。

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

【クズリーマンTV】マジックミラー号の撮影場所を推理する

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

野外モノAVの撮影現場を特定するというあくびツーリストコンサルティングの名物企画、「名探偵コマン」が帰ってきました。

今回は僕が大好きなマジックミラー号の撮影現場を特定します。

会社で培ったネットサーフィン能力をフル活用しております。

番組名:クズリーマンTV
製作:あくびツーリストコンサルティング

 

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

ゼルダの伝説に学ぶ!モチベーションの低下を防ぐ 4 つの方法

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

ゼルダの伝説に学ぶモチベーション低下を防ぐ方法

サラリーマンの皆さん、ゼルダの伝説やってますかー?攻略してますかー?
通勤途中ハイラルの世界を、ゼルダ姫を、救ってますかー?

今回はゼルダの伝説に学ぶ、タイプミスを正しい入力だったことにしてモチベーションを下げない方法を紹介します。

tf2

3DS向けに昨年発売されたゼルダの伝説 神々のトライフォース2ですが、昔と変わらぬプレイ感のあるゲームで、またCMがスーファミと同じスチャダラパーによるものだったりと、いままさにサラリーマンのあなたにグサリささるソフトなんじゃないでしょうか。

私むらむらめがねも、最近プレイしました。そして、期待通りのあの楽しさがありました。名作と言われたスーファミ版があった上で、ちゃんと期待に答えてくれるってのはスゴイです。

さてこのゲーム、やってみると結構ストレスが溜まるんですよ。
ダンジョン内で次にどうすればいいのさー!としばしば悩んでは、チョロチョロ仕掛けを探し回るわけです。
でも、その時のいろいろな試行錯誤で、ルピー(お金)が手に入ったり、サブイベントが始まったりと、小さなご褒美がいつも手に入るように出来ていて、ストレスよりも嬉しさが上回るので、続けちゃうんです。

そう、そんな風に色んな失敗がフォローされているのが、楽しさにつながってるように思うのです。

普段仕事をしていて、失敗が楽しくなる、ましてや成功につながる!なんていうのはカンブリア宮殿のステージ以外では起こらないものですよね。

しかし、村上龍のとなりでなくても、自分で簡単に復旧可能な失敗があるのです。

日常的にイライラする、打ち間違い

かんたんに自分で復旧できる失敗。それは打ち間違いという失敗です。

type

どんな小さな失敗も全て、少しずつモチベーションの低下を招くものです。
とりわけ打ち間違いは、自分のペースを乱すことが多いように思います。
けして打ち間違いを侮ってはいけません。

普段パソコンを使う職業の方なら、毎日のようにタイプミスや日本語変換ミスというのを体験しているでしょう。

自分は「これ、何回か同じミスしたな」と感じたとき、何かしらの方法で次にミスしないようにしています。

打ち間違いを消し去る4つの方法

それが次の4つの方法です。

1. 日本語文書を書いている時なら、辞書登録するのがてっとり早い方法です。自分の登録してるものからいくつかピックアップすると次のようなものがあります。

けんsかう: 検索
しあmす: します
つちえ: ついて
sかうじょ: 削除
りょうかいでうs: 了解です

こんな風に登録しておけば、打ち間違えたことに気付くことなく文章を書き進めることができます。

以降の3つはエンジニア向けの打ち間違い修正です。

2. Vim というテキストエディタの場合は設定ファイルに

iabbrev fitler  filter
iabbrev Usre    User
iabbrev usre    user

と書いておくと、左の単語を入力すると勝手に右の単語に訂正してくれます。

3. bash の操作の場合は alias を設定してしまえばいいでしょう。

alias gti=’git’

これにより gti と打っても git と同じ意味になります。

4. git のサブコマンドの場合。エディタを離れた時に一番打ち間違うのが  git のサブコマンドです。しかし、それも .gitconfig に alias を書くことで対処できます。

[alias]
lgo   = log
hsow  = show
shwo  = show

終わりに

ちょっとエンジニア向けの話が多くなってしまいましたが、やろうとしていることは全て同じです。
全ては、タイプミスを正しい入力だったことにするための方法です。

タイプミスをしたら、未来の自分が楽できる!
そんなふうに構えていればいいのです。
そうすればタイプミスへのネガティブなイメージは無くなり、モチベーションの低下を防ぐことができます。

つまり、失敗を楽しめるようにしておくことが大切なわけです。
ゼルダの伝説は偉大ですね!

それではまた来週!

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る