タグ別アーカイブ: ふなつかずき

今週の作者コメント欄はウルトラ充実 作者コメントレビュー第17回

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

カギュー終わっちゃう。
どうも、竹の子ぱおぱおです。

来週は、ねじまきカギューが最終回です。
好きな連載の中の一つだから寂しい気持ちもありますが、挑戦的な展開や演出も多々あった作品ですので、どのような終わり方をするか楽しみです。

それと、モンスガ。
今週号でどのような漫画なのかが見えてきました。
今回のろくろ首のように、妖怪の特徴を生かした武器として憑依(?)した仲間と共に戦うバトルもの。
こういう設定大好きです。

そして、キングダムがお休みで残念。
もう少し話が進んだら、大好きなファルファルおじさんが活躍する展開になりそう。
ただ僕は、今回の戦で武勲を挙げた信が元王騎軍でもあるファルファルおじさんの部下達を率いる事になる。と、予想しています。
もしそうなったらファルファルおじさんは・・・。
ファルファルおじさんが何のことか分からない人は、キングダムの単行本を読んでください。
たぶん、思ってる以上にファルファルしてます。

ファルファル

それでは、今週の作者コメントレビューを始めファル。

週刊ヤングジャンプ2014年27号の作者コメント欄の質問は、

衣替えの季節!(鑑賞目的で)好きな服装・コスプレは何ですか?

でした。

どうやら僕は、『鑑賞目的』という言葉が持つニュアンスのせいなのか、下ネタ方面で考えてしまう体質なようです。
コスプレという単語も、エロをメインに捉えてしまいます。
それはちょっとどうなのかなぁ~と我ながら思う時もありますが、ヤングジャンプ連載作家の面々の中にも、同じような体質の方々がいらっしゃるようです。

大変心強い。

天下のヤンジャンを勝手に味方につけたところでコメントに移ります。

まずは、『バルセロナの太陽』村上よしゆき先生のコメント

裸エプロン!

力強い素晴らしいコメントでした。
「裸エプロン」に感嘆符が付くと、もの凄くテンションが高く見えるという発見もありました。

次は、『横浜線ドッペルゲンガー』玉木ヴァネッサ千尋先生のコメント

裸に葉っぱです!

作者コメントレビューでは殿堂入りする勢いの玉木先生。
未だにどんな人なのか未知の部分は多いですが、僕の中で好感度がさらに上昇しました

次は、『妖怪少女-モンスガ-』ふなつかずき先生のコメント

鑑賞目的!?ミニスカショーパンニーソスク水メイド裸エプロン。

ふなつ先生は毎回長めのコメントをするのが特徴なのですが、今回は単語の弾丸を乱れ撃ちしてきました。
僕的にはスク水が一番破壊力ありました。

次は、『テラフォーマーズ』作/貴家悠先生のコメント

最後まで着てさえいれば、何でも楽しめます。

良くぞ言ってくださいました貴家先生。
完全に同意します。

次は、MVS(Most Valuable 作者コメント)の発表です。
貴家先生のコメントも悩みましたが、この先生です。

『今週のMVS』

『嘘喰い』迫稔雄先生のコメント

ウルトラの母。

ウルトラの母

めちゃくちゃ笑いました。
なんか迫先生は、作者コメントを大喜利のような感じで楽しんでいるフシがあります。

『ハチワンダイバー』柴田ヨクサル先生のコメント
ライダーマン。

『LIAR GAME』甲斐谷忍先生のコメント
ドラえもん。

も、その意味で凄く良かったのですが、ウルトラの母はエロ要素だけで捉えたとしても分かるのでMVSに選びました。
ウルトラの母で性に目覚めた青少年は沢山いると思います。

ウルトラの母2

今週の作者コメント欄はお笑い要素として超充実してました。

それでは、また来週。

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

ふなつかずき先生と坂本眞一先生の本棚は特に面白そう 作者コメントレビュー第16回

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

漫画家の本棚を見てみたい。
どうも、竹の子ぱおぱおです。

本棚

そうなんです。漫画家さん達の本棚を見てみたいのです。
この作品を描いている作者は今までどんな漫画を読んできたのか。
それを知りたいのです。
書籍化もされている『作家の読書道』というサイト(WEB本の雑誌)があります。
これは、様々な作家達をゲストに迎え、幼い頃からどんな本を読んできて今に至るのかをインタビュー形式で載せていてとても面白い。
どのような環境で育ってきたのかという要素も織り交ぜながら様々な本のタイトルが出てくるので、「本を読むのが好きで創る側に進んだ人達」のノンフィクションとしても楽しめます。
そのくらい面白いのですが、これに出てくる人達はほぼ全て「小説家」なのです。
これの漫画家版が読みたい。

ここまで少し真面目に書きましたが、ふと自分の本棚を見たら『代紋TAKE2』というヤクザ漫画の横に『かりあげくん』が並んでるような感じだったので、真面目に書くのが少し恥ずかしくなってきました。
いや、でもおふざけ無しで、そういう「生活感とその人の歴史がある本棚」に興味があるのです。
作家の読書道にももちろんその要素はあるのですが、僕の中のチャンネルが変なところに合っている状態で読むと、

「いやいやいや、エロ本から受けた影響も少なからずあるんじゃないのかい先生?」
「そこんとこどうなんだい先生?エッチなのもお好きなんでしょ?このこの~。」
「というか官能小説が好きそうな顔してるなこの人」

とか思ってしまいます。
そういう変なチャンネルと真面目なチャンネルの中間くらいの感覚で読める作者コメントが僕の肌には一番合います。
一つのページに色んなチャンネルが混在しているような感覚で楽しい。

それでは、今週の作者コメントレビューを始めます。

週刊ヤングジャンプ2014年26号の作者コメント欄の質問は、

もし可能ならその世界に入ってみたい物語は何ですか?

でした。

まずは、『ハチワンダイバー』柴田ヨクサル先生のコメント

『ガンダム』。ジオン側で。

二週連続のガンダムコメント。
愛妻家としてここでは紹介させて頂きましたが、作者コメントレビューを始めてからのコメントにはその感じがほとんどありません。
というかハチワンダイバーが佳境に入って楽しすぎですヨクサル先生。

次は、『リクドウ』松原利光先生のコメント

『ロックマン』でお願いします。

新連載が始まってから注目していたのですが、コレっていうようなコメントはありませんでした。
ですが、ここにきていきなり「ロックマン」をぶっ込んできました。
作品も含めて期待大です。
今週の意外性のあるコメントナンバー1でした。

そして次は、MVS(Most Valuable 作者コメント)の発表です。

『今週のMVS』

『イノサン』坂本眞一先生のコメント

『ベルサイユのばら』華麗な世界を垣間見たいです。

意外性の間逆を行くコメント。
もうなんか坂本先生は、イノサンと共に歩んでいる感じですね。
前作『孤高の人』の後半も凄かったのですが、それを超えそうな勢い。
楽しみです。

あと、モンスガがいきなりの展開でそれも楽しみ。
でも今週エロ少ない。
パンチラをチラチラさせつつ、青年誌の限界に挑んで欲しいです。
先週はマンチラ寸前で大変美味しく頂きました。

マンチラって何?

モンスガの展開が見えてきたら特集したい。
それでは、また来週。

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

お寿司。モンスガチラチラ柿男。 作者コメントレビュー第13回

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る


赤貝

赤貝2

アワビ

どうも、竹の子ぱおぱおです。

久しぶりの作者コメントレビュー。
さっそく始めます。

週刊ヤングジャンプ2014年23号の作者コメント欄の質問は、

一番好きな「寿司のネタ」は何ですか?

でした。

合併号でお休みしてからの久々の作者コメントレビューですが、目立ったコメントの少ないさざ波現象が起きました。

そんな今週号ですが、妖怪少女-モンスガ-がやってくれました。
怒濤のパンチラ回でした。
胸チラもあってチラチラ盛りだくさんの回でした。
ムネチラリーノ・パンチラヴィッチでした。
最後は言いたいだけでした。

そして、モンスガを読んでいる人は分かってくれると思いますが、

お尻のおっさん(柿男)がどんどん可愛くなってきた。

コイツ↓

柿男1

柿男2

こんな拘束具を身につけた濃い顔のおっさんに萌えるとは思いませんでした。

そんな『妖怪少女-モンスガ-』の作者、ふなつかずき先生のコメントです。
(質問:一番好きな「寿司のネタ」は何ですか?)

やっすいウニって絵の具の味しません?あ、ウニですけど。

めっちゃよく分かります。
絵の具みたいな味のウニでウニの絵を書きたくなるくらい絵の具の味がします。
ちゃんとしたのはめちゃくちゃ美味しいのに。

次は、MVS(Most Valuable 作者コメント)の発表です。

『今週のMVS』

『イノサン』坂本眞一先生のコメント
(質問:一番好きな「寿司のネタ」は何ですか?)

マグロの赤身

マグロの赤身と答えたのは坂本先生だけ。
一人だけっていうのは意外でした。
僕もトロ派ではなく赤身派です。
赤身派推進委員会東京支部事務局会報作成代理です。
雰囲気で長い役職書いたけど偉くない。

それでは、また来週。

赤貝3

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

2014年3月度 殿堂入り記事

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

2014年3月の記事で、面白かったものを春眠亭あくびがピックアップして、再度ご紹介いたします。

それでは参りましょう。

クズリーマン日記(月) 株・FX・風俗日記(ヒロセ精米店)

エロ産業から見る株パート2

オカモト

東京オリンピックによって、配布されるコンドームの出来の良さに外人が買い漁るのではないかという見事な分析が光ります。

クズリーマン日記(火) 女性芸能人・番組・書籍批評 (Kj.Ack)

弾けないバブルはない!?リケジョ(理系女子)の異様な評価高を華麗にスルーするには~彼女ハ、アノ頃、偽リノ華ダッタ・・・

rikejo04

アックさんらしい、丁寧な言葉づかいの中にも毒を忘れない、腹黒さが際立つ文章です。

クズリーマン日記(水) サラリーマン讃歌 マンガラブコメレビュー (春眠亭あくび)

サラリーマンなら、とみさわ千夏「ドキドキの時間」を読んで「受入力」を磨け!

IMG_2148

この画像に衝撃をうけ、これはみんなにも知ってもらわなければという思いで、頑張って書いた記事です。

クズリーマン日記(木) ゲーム・ごちそうさんレビュー (むらむらめがね)

内定の秘訣は妖怪ウォッチにあった!

スクリーンショット 2014-02-27 0.07.22

セミまるのあたりが、切なくて良かったです。

クズリーマン日記(金) 作者コメント欄・パズドラすりすりレビュー (竹の子ぱおぱお)

ヤングジャンプ新連載「妖怪少女-モンスガ-」に期待を込めつつ 作者コメントレビュー第5回

妖怪少女扉絵

僕、春眠亭あくびも大好きな、ふなつかずき先生の新連載について触れています。ディアゴスティーニのくだりが好きです。

クズリーマン日記(土) 流行・ニュースに噛みつく (ぽんぽこきつね)

6噛み目~明日香キララのおっぱいが最強。AKBの峯岸と柏木の三人で合コン行ったらしいが、バランスわりぃな

40c4b682_320

当初、いろんな人に噛みついて、最後は無理やり理屈をこねて勝つというブログテーマだったのですが、割とあっさり負けるという衝撃展開を見せました。

ククズリーマン日記(日) 百合レビュー (ねこびる)

【百合レビュー】女児向けだからといって容赦はしない【プリキュア】

precure02

女児向けアニメのプリキュアが、なぜ大きなお友達に人気があるのか、わかった気がします。

クズリーマンラジオ

ニュース:バンジー婚活、カップル成立率がやたら高い(週刊新潮)

しょーもないけど、意外によくできた企画だと思います。

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

妖怪少女-モンスガ-のお色気にやられ、キングダムの展開の上手さにやられ、ハチワンダイバーの熱さにぶっ飛ぶ。あと、おちんちん。 作者コメントレビュー第12回

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

どうしよう。
どうも、竹の子ぱおぱおです。

いきなりですが、今週のヤングジャンプは合併号でした。
一人の読者としては、大好きな週刊漫画雑誌が一週お休みというのはとても残念です。
出版社の方々や作家さんが休むためだったり、印刷会社等の都合もあるのだろうし致し方ないとは思うのですが、やはり残念。
ハチワンダイバーがとても盛り上がってきたので早く続きが読みたい。
妖怪少女-モンスガ-もキャラをコマから飛び出させる演出がパンチラと相性良すぎだし、来週の作者コメントレビューをどうしようか考えてないし、キングダムも展開が動き始めてワクワクするし、始まったばかりのリクドウも良い感じだし、来週の作者コメントレビュー困ってるし、ねじまきカギューがジュルジュルグルグルしまくりだし、来週の作者コメントレビューどうしよう。

来週は題材そのものがないので、最初から最後までおちんちん的なお話になります。
インターネットという大きな海に無駄なおちんちんが放流されます。
大海へと放たれたおちんちんが数年後には自我を持ち始め人々を襲います。
その時になって始めて気がつくであろう、「あの時に合併号さえ無ければ!」と。
愚かな人間どもめ!!
ガーッハッハッハッハ!!

こんなファンタジーな責任転嫁をするくらいにネタがありません。

兎にも角にも今週の作者コメントレビューです。
週刊ヤングジャンプ2014年21,22合併特大号の作者コメント欄の質問は、

もうすぐ行楽シーズン。一度乗ってみたい「乗り物」は何ですか?

でした。
まずは『仮面ティーチャーBLACK』藤沢とおる先生のコメント

榊原機械株式会社のウォーカーキャリア型の二足歩行ロボット「ランドウォーカー」。

コレ↓
ランドウォーカー

こんなすごいものがあるんだぁ~、という驚きもありましたが、作者コメントの文字数の多さのほうが驚きました。
いきなり漢字が8文字も続くし。「木」偏の漢字がドン、ドドドンと出てくるし。

次は、『ハチワンダイバー』柴田ヨクサル先生のコメント

汽車で北海道をまわりたい。

最近はめっきり愛妻コメントの出ないヨクサル先生ですが、少しだけそれを感じさせるようなコメントが。
そして早く特大の愛妻コメントをぶっ放してほしい。
先々週号のハチワンダイバーで、
「オッパイを一揉みすれば階段を後ろ向きに降りるように一歩下がり100揉みすればただの人間まで堕ちる。」
という名言を生み出したヨクサル先生の作者コメントに期待大です。
(それにしてもハチワンダイバー熱い)

そして次は、今週のMVS(Most Valuable 作者コメント)です。

『今週のMVS』

『ねじまきカギュー』中山敦支先生のコメント。

デロリアン。ラクダ。戦車。ファルコン。魔導アーマー。

一つのコメントで複数を挙げる事が多い。これが中山先生の特徴です。
趣味だったり好きなものが凄くよく分かり、今回の作者コメントはそれがとても表れています。
そして僕もデロリアンに乗りたい。この一点のみでMVS。
コメントを読んだ瞬間に、バック・トゥ・ザ・フューチャーが観たくなりました。
こういうのも作者コメント欄の楽しみの一つ。
今までも、作者コメントを読む事がきっかけとなって知識の幅が広がったり、面白い映画や本やゲーム等を知ったことが多々ありました。
なんか、うまく説明出来ませんがこの「面白さの発見が繋がっていく」感じがとても好きです。
この作者コメントレビューでも、読んでくださる方へ少しでも面白さの発見が繋がっていければ良いなぁ~と思っています。
来週はおちんちん的な話ですが。

「おちんちんを一揉みすれば階段をゆっくりと昇るように一歩上がり100揉みすれば天まで昇ったのちただの人間まで転げ堕ちる。」
こんなのばっかりになると思います。

それでは、また来週。

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る