IMG_1917

とみさわ千夏「ドキドキの時間」から学べ!大人の恋愛には用心深さが必要なのだ!

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

どうも。ラブコメ大好きおじさん、春眠亭あくびです。

前回、ちょっとしたギャグで、週刊ポストで連載中、とみさわ千夏先生の「ドキドキの時間」について記事を書きました。
ラブコメ漫画家は全員、とみさわ千夏「ドキドキの時間」から大人の駆け引きを学べ!

ラブコメレビューのブログなのに、劇画を載せるのっておもしろいじゃん?
という、面白半分の軽い気持ちで書いたのです。

そしたらね。思いのほか反響がありまして。

こんなにも世間がとみさわ千夏を求めているのかと、愕然としたわけです。

需要があるなら供給もしますよ。

そんなわけで今回もとみさわ千夏「ドキドキの時間」について、レビューしてみようかと思います。

IMG_1908

大人の恋愛に必要なのは、用心深さだ!

さておさらいです。
主人公は今、人妻と肉体関係を結ぼうとしています。
状況はかなり良く、もう間違いなくSEXに持ち込める感じです。

IMG_1910

↑だってもう、こんな状態なのだから!

IMG_1911

↑だってもう、到達したのだから!

しかし、ここで「こいつはもう落ちたな」「SEXできるな」と思ってしまったそこのあなた!

ダメ!

そんなだからいい歳して未だに少年誌のラブコメにキュンキュンしてるんだよ!
僕のことだよ!

ラブコメと違い、このマンガは大人の恋愛を描いた作品です。

大人の恋愛で必要なのは、スマートさだと思います。

相手がSEXを求めれば「はいはい、俺は知っていたよ?SEXもとめてたでしょ?」と、涼しい顔で先に進めなければいけません。

逆に相手がSEXを拒絶すれば「はいはい、もともと俺もそんな気はなかったよ?」と、笑顔で行為を止めなければなりません。

相手の出方次第で、いかようにもできるスマートさ。
これが大人の恋愛です。
そして、このスマートさを出すには、徹底的に用心深く相手の心情を観察する必要あるのです。

とみさわ千夏先生「ドキドキの時間」では、そんな「用心深さ」が徹底的に表現されています。

IMG_1912

↑もう詰んだも同然と主人公は考えます。王将の前に飛車がいるというこの状況、ありえないくらいの詰みなのです。

IMG_1913

↑なのに!詰みなのに!まだSEXおあずけになることを用心しているのです!どんだけ用心深いんだ!

そこで主人公は、徹底的に外堀を埋めます。

IMG_1915

IMG_1916

↑まず、ぽこちんを握らせます

IMG_1917

IMG_1918

↑そしておっぱいを出します

IMG_1919

IMG_1920

↑さらに下も脱がせます

IMG_1921

↑ここまで来て!ここまで来てようやく用心を解くのです!
そりゃあ担当編集さんも「あとはじっくり味わうだけ!」とかついつい書いちゃうのです!

ラブコメ脳から卒業せよ

いやー、どうでしたか。

正直言うとですね。
「用心ぶかすぎるだろ!もっと素直に楽しめよ!」
って感じです。

もうこれはあれですね。
用心深すぎて、とみさわ千夏じゃなくようじん千夏ですね。

ラブコメでよくある「当たって砕けろ」は、大人の恋愛では通じないのです。
徹底的に用心し、相手から拒まれても
「は?もともとSEXする気なかったし。っていうかSEXなんて興味ないし。」

0710tww16qyu17hd21dgyR

なんてすぐに言えるよう「逃げ」を打っておくのが、大人なのです。

こういう大人の恋愛を知ることで、ラブコメ脳から脱却できるのです。

ということで、いい歳してもラブコメが好きなやつらは全員、とみさわ千夏作品を読め!

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
春眠亭あくび

春眠亭あくび

1982年生まれ、長野県育ち。通信会社勤務。得意分野:ラジオ、落語、サブカル、ラブコメ、オヤジ文化、謝罪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です